4.3. DNS 転送の使用

DNS 転送を使用すると、指定のゾーンにどのネームサーバーを使用するかを指定することで、ゾーンごとに /etc/resolv.conf で特定される転送設定をオーバーライドできます。転送されるゾーンが OpenShift Container Platform によって管理される Ingress ドメインである場合、アップストリームネームサーバーがドメインについて認証される必要があります。

手順

  1. default という名前の DNS Operator オブジェクトを変更します。

    $ oc edit dns.operator/default

    これにより、Server に基づく追加のサーバー設定ブロックを使用して dns-default という名前の ConfigMap を作成し、更新できます。クエリーに一致するゾーンを持つサーバーがない場合、名前解決は /etc/resolv.conf で指定されたネームサーバーにフォールバックします。

    DNS の例

    apiVersion: operator.openshift.io/v1
    kind: DNS
    metadata:
      name: default
    spec:
      servers:
      - name: foo-server 1
        zones: 2
          - foo.com
        forwardPlugin:
          upstreams: 3
            - 1.1.1.1
            - 2.2.2.2:5353
      - name: bar-server
        zones:
          - bar.com
          - example.com
        forwardPlugin:
          upstreams:
            - 3.3.3.3
            - 4.4.4.4:5454

    1
    name は、rfc6335 サービス名の構文に準拠する必要があります。
    2
    zones は、rfc1123subdomain の定義に準拠する必要があります。クラスタードメインの cluster.local は、 zones の無効な subdomain です。
    3
    forwardPlugin ごとに最大 15 の upstreams が許可されます。
    注記

    servers が定義されていないか、または無効な場合、ConfigMap にはデフォルトサーバーのみが含まれます。

  2. ConfigMap を表示します。

    $ oc get configmap/dns-default -n openshift-dns -o yaml

    以前のサンプル DNS に基づく DNS ConfigMap の例

    apiVersion: v1
    data:
      Corefile: |
        foo.com:5353 {
            forward . 1.1.1.1 2.2.2.2:5353
        }
        bar.com:5353 example.com:5353 {
            forward . 3.3.3.3 4.4.4.4:5454 1
        }
        .:5353 {
            errors
            health
            kubernetes cluster.local in-addr.arpa ip6.arpa {
                pods insecure
                upstream
                fallthrough in-addr.arpa ip6.arpa
            }
            prometheus :9153
            forward . /etc/resolv.conf {
                policy sequential
            }
            cache 30
            reload
        }
    kind: ConfigMap
    metadata:
      labels:
        dns.operator.openshift.io/owning-dns: default
      name: dns-default
      namespace: openshift-dns

    1
    forwardPlugin への変更により、CoreDNS デーモンセットのローリングアップデートがトリガーされます。

関連情報