13.8.2. EgressIP オブジェクト

以下の YAML は、EgressIP オブジェクトの API について説明しています。オブジェクトの範囲はクラスター全体です。これは namespace では作成されません。

apiVersion: k8s.ovn.org/v1
kind: EgressIP
metadata:
  name: <name> 1
spec:
  egressIPs: 2
  - <ip_address>
  namespaceSelector: 3
    ...
  podSelector: 4
    ...
1
EgressIPs オブジェクトの名前。
2
1 つ以上の IP アドレスの配列。
3
egress IP アドレスを関連付ける namespace の 1 つ以上のセレクター。
4
オプション: egress IP アドレスを関連付けるための指定された namespace の Pod の 1 つ以上のセレクター。これらのセレクターを適用すると、namespace 内の Pod のサブセットを選択できます。

以下の YAML は namespace セレクターのスタンザについて説明しています。

namespace セレクタースタンザ

namespaceSelector: 1
  matchLabels:
    <label_name>: <label_value>

1
namespace の 1 つ以上のマッチングルール。複数のマッチングルールを指定すると、一致するすべての namespace が選択されます。

以下の YAML は Pod セレクターのオプションのスタンザについて説明しています。

Pod セレクタースタンザ

podSelector: 1
  matchLabels:
    <label_name>: <label_value>

1
オプション: 指定された namespaceSelector ルールに一致する、namespace の Pod の 1 つ以上のマッチングルール。これが指定されている場合、一致する Pod のみが選択されます。namespace の他の Pod は選択されていません。

以下の例では、EgressIP オブジェクトは 192.168.126.11 および 192.168.126.102 egress IP アドレスを、app ラベルが web に設定されており、env ラベルが prod に設定されている namespace にある Pod に関連付けます。

EgressIP オブジェクトの例

apiVersion: k8s.ovn.org/v1
kind: EgressIP
metadata:
  name: egress-group1
spec:
  egressIPs:
  - 192.168.126.11
  - 192.168.126.102
  podSelector:
    matchLabels:
      app: web
  namespaceSelector:
    matchLabels:
      env: prod

以下の例では、EgressIP オブジェクトは、192.168.127.30 および 192.168.127.40 egress IP アドレスを、environment ラベルが development に設定されていない Pod に関連付けます。

EgressIP オブジェクトの例

apiVersion: k8s.ovn.org/v1
kind: EgressIP
metadata:
  name: egress-group2
spec:
  egressIPs:
  - 192.168.127.30
  - 192.168.127.40
  namespaceSelector:
    matchExpressions:
    - key: environment
      operator: NotIn
      values:
      - development