13.3. OpenShift SDN ネットワークプロバイダーへのロールバック

クラスター管理者は、OVN-Kubernetes CNI クラスターのネットワークプロバイダーから OpenShift SDN クラスターの Container Network Interface (CNI) クラスターネットワークプロバイダーにロールバックできます (OVN-Kubernetes への移行に失敗した場合)。

13.3.1. デフォルトの CNI ネットワークプロバイダーの OpenShift SDN へのロールバック

クラスター管理者は、クラスターを OpenShift SDN デフォルト Container Network Interface (CNI) ネットワークプロバイダーにロールバックできます。ロールバック時に、クラスター内のすべてのノードを再起動する必要があります。

重要

OVN-Kubernetes への移行に失敗した場合にのみ OpenShift SDN にロールバックします。

前提条件

  • OpenShift CLI (oc) をインストールすること。
  • cluster-admin ロールを持つユーザーとしてのクラスターへのアクセス。
  • OVN-Kubernetes デフォルト CNI ネットワークプロバイダーで設定されたベアメタルインフラストラクチャーにクラスターがインストールされていること。

手順

  1. 移行を有効にするには、以下のコマンドを入力して Cluster Network Operator 設定オブジェクトにアノテーションを設定します。

    $ oc annotate Network.operator.openshift.io cluster \
      'networkoperator.openshift.io/network-migration'=""
  2. Machine Config Operator (MCO) によって管理されるすべてのマシン設定プールを停止します。

    • マスター設定プールを停止します。

      $ oc patch MachineConfigPool master --type='merge' --patch \
        '{ "spec": { "paused": true } }'
    • ワーカー設定プールを停止します。

      $ oc patch MachineConfigPool worker --type='merge' --patch \
        '{ "spec":{ "paused" :true } }'
  3. OpenShift SDN ネットワークプロバイダーを設定するには、以下のコマンドを入力します。

    $ oc patch Network.config.openshift.io cluster \
      --type='merge' --patch '{ "spec": { "networkType": "OpenShiftSDN" } }'
  4. オプション: ネットワークインフラストラクチャーの要件を満たすように OpenShift SDN の以下の設定をカスタマイズできます。

    • Maximum transmission unit (MTU)
    • VXLAN ポート

    以前の設定のいずれかを両方をカスタマイズするには、カスタマイズし、以下のコマンドを入力します。デフォルト値を変更する必要がない場合は、パッチのキーを省略します。

    $ oc patch Network.operator.openshift.io cluster --type=merge \
      --patch '{
        "spec":{
          "defaultNetwork":{
            "openshiftSDNConfig":{
              "mtu":<mtu>,
              "vxlanPort":<port>
        }}}}'
    mtu
    Geneve オーバーレイネットワークの MTU。この値は通常は自動的に設定されますが、クラスターにあるノードすべてが同じ MTU を使用しない場合、これを最小のノード MTU 値よりも 100 小さく設定する必要があります。
    port
    Geneve オーバーレイネットワークの UDP ポート。

    patch コマンドの例

    $ oc patch Network.operator.openshift.io cluster --type=merge \
      --patch '{
        "spec":{
          "defaultNetwork":{
            "openshiftSDNConfig":{
              "mtu":1200
        }}}}'

  5. Multus デーモンセットのロールアウトが完了するまで待機します。

    $ oc -n openshift-multus rollout status daemonset/multus

    Multus Pod の名前の形式は multus-<xxxxx> です。ここで、<xxxxx> は文字のランダムなシーケンスになります。Pod が再起動するまでにしばらく時間がかかる可能性があります。

    出力例

    Waiting for daemon set "multus" rollout to finish: 1 out of 6 new pods have been updated...
    ...
    Waiting for daemon set "multus" rollout to finish: 5 of 6 updated pods are available...
    daemon set "multus" successfully rolled out

  6. ロールバックを完了するには、クラスター内の各ノードを再起動します。たとえば、以下のような bash スクリプトを使用できます。このスクリプトは、ssh を使用して各ホストに接続でき、sudo がパスワードを要求しないように設定されていることを前提としています。

    #!/bin/bash
    
    for ip in $(oc get nodes  -o jsonpath='{.items[*].status.addresses[?(@.type=="InternalIP")].address}')
    do
       echo "reboot node $ip"
       ssh -o StrictHostKeyChecking=no core@$ip sudo shutdown -r -t 3
    done
  7. クラスターのノードが再起動したら、すべてのマシン設定プールを起動します。

    • マスター設定プールを開始します。

      $ oc patch MachineConfigPool master --type='merge' --patch \
        '{ "spec": { "paused": false } }'
    • ワーカー設定プールを開始します。

      $ oc patch MachineConfigPool worker --type='merge' --patch \
        '{ "spec": { "paused": false } }'

    MCO が各設定プールのマシンを更新すると、各ノードを再起動します。

    デフォルトで、MCO は一度にプールごとに単一のマシンを更新するため、移行が完了するまでに必要な時間がクラスターのサイズと共に増加します。

  8. ホスト上の新規マシン設定のステータスを確認します。

    1. マシン設定の状態と適用されたマシン設定の名前を一覧表示するには、以下のコマンドを入力します。

      $ oc describe node | egrep "hostname|machineconfig"

      出力例

      kubernetes.io/hostname=master-0
      machineconfiguration.openshift.io/currentConfig: rendered-master-c53e221d9d24e1c8bb6ee89dd3d8ad7b
      machineconfiguration.openshift.io/desiredConfig: rendered-master-c53e221d9d24e1c8bb6ee89dd3d8ad7b
      machineconfiguration.openshift.io/reason:
      machineconfiguration.openshift.io/state: Done

      以下のステートメントが true であることを確認します。

      • machineconfiguration.openshift.io/state フィールドの値は Done です。
      • machineconfiguration.openshift.io/currentConfig フィールドの値は、machineconfiguration.openshift.io/desiredConfig フィールドの値と等しくなります。
    2. マシン設定が正しいことを確認するには、以下のコマンドを入力します。

      $ oc get machineconfig <config_name> -o yaml

      ここで、<config_name> は、 machineconfiguration.openshift.io/currentConfig フィールドのマシン設定の名前になります。

  9. 移行が正常に完了したことを確認します。

    1. デフォルトの CNI ネットワークプロバイダーが OVN-Kubernetes であることを確認するには、以下のコマンドを入力します。status.networkType の値は OpenShiftSDN である必要があります。

      $ oc get network.config/cluster -o jsonpath='{.status.networkType}{"\n"}'
    2. クラスターノードが Ready 状態にあることを確認するには、以下のコマンドを実行します。

      $ oc get nodes
    3. ノードが NotReady 状態のままになっている場合、マシン設定デーモン Pod のログを調べ、エラーを解決します。

      1. Pod を一覧表示するには、以下のコマンドを入力します。

        $ oc get pod -n openshift-machine-config-operator

        出力例

        NAME                                         READY   STATUS    RESTARTS   AGE
        machine-config-controller-75f756f89d-sjp8b   1/1     Running   0          37m
        machine-config-daemon-5cf4b                  2/2     Running   0          43h
        machine-config-daemon-7wzcd                  2/2     Running   0          43h
        machine-config-daemon-fc946                  2/2     Running   0          43h
        machine-config-daemon-g2v28                  2/2     Running   0          43h
        machine-config-daemon-gcl4f                  2/2     Running   0          43h
        machine-config-daemon-l5tnv                  2/2     Running   0          43h
        machine-config-operator-79d9c55d5-hth92      1/1     Running   0          37m
        machine-config-server-bsc8h                  1/1     Running   0          43h
        machine-config-server-hklrm                  1/1     Running   0          43h
        machine-config-server-k9rtx                  1/1     Running   0          43h

        設定デーモン Pod の名前は以下の形式になります。machine-config-daemon-<seq><seq> 値は、ランダムな 5 文字の英数字シーケンスになります。

      2. 直前の出力に表示されるそれぞれのマシン設定デーモン Pod の Pod ログを表示するには、以下のコマンドを入力します。

        $ oc logs <pod> -n openshift-machine-config-operator

        ここで、pod はマシン設定デーモン Pod の名前になります。

      3. 直前のコマンドの出力で示されるログ内のエラーを解決します。
    4. Pod がエラー状態ではないことを確認するには、以下のコマンドを入力します。

      $ oc get pods --all-namespaces -o wide --sort-by='{.spec.nodeName}'

      ノードの Pod がエラー状態にある場合は、そのノードを再起動します。

  10. 以下の手順は、移行に成功し、クラスターの状態が正常である場合にのみ実行します。

    1. Cluster Network Operator 設定オブジェクトから移行アノテーションを削除するには、以下のコマンドを入力します。

      $ oc annotate Network.operator.openshift.io cluster \
        networkoperator.openshift.io/network-migration-
    2. OVN-Kubernetes ネットワークプロバイダー namespace を削除するには、以下のコマンドを入力します。

      $ oc delete namespace openshift-ovn-kubernetes