15.4.5. ロードバランサーサービスの作成

以下の手順を使用して、ロードバランサーサービスを作成します。

前提条件

  • 公開するプロジェクトとサービスがあること。

手順

ロードバランサーサービスを作成するには、以下を実行します。

  1. OpenShift Container Platform にログインします。
  2. 公開するサービスが置かれているプロジェクトを読み込みます。

    $ oc project project1
  3. コントロールプレーンノード (別名マスターノード) でテキストファイルを開き、以下のテキストを貼り付け、必要に応じてファイルを編集します。

    ロードバランサー設定ファイルのサンプル

    apiVersion: v1
    kind: Service
    metadata:
      name: egress-2 1
    spec:
      ports:
      - name: db
        port: 3306 2
      loadBalancerIP:
      loadBalancerSourceRanges: 3
      - 10.0.0.0/8
      - 192.168.0.0/16
      type: LoadBalancer 4
      selector:
        name: mysql 5

    1
    ロードバランサーサービスの説明となる名前を入力します。
    2
    公開するサービスがリッスンしている同じポートを入力します。
    3
    特定の IP アドレスの一覧を入力して、ロードバランサー経由でトラフィックを制限します。クラウドプロバイダーがこの機能に対応していない場合、このフィールドは無視されます。
    4
    タイプに loadbalancer を入力します。
    5
    サービスの名前を入力します。
    注記

    ロードバランサーを介して特定の IP アドレスへのトラフィックを制限するには、loadBalancerSourceRanges フィールドを設定するのではなく、service.beta.kubernetes.io/load-balancer-source-ranges アノテーションを使用することが推奨されます。アノテーションを使用すると、OpenShift API により簡単に移行でき、今後のリリースで実装されます。

  4. ファイルを保存し、終了します。
  5. 以下のコマンドを実行してサービスを作成します。

    $ oc create -f <file-name>

    以下は例になります。

    $ oc create -f mysql-lb.yaml
  6. 以下のコマンドを実行して新規サービスを表示します。

    $ oc get svc

    出力例

    NAME       TYPE           CLUSTER-IP      EXTERNAL-IP                             PORT(S)          AGE
    egress-2   LoadBalancer   172.30.22.226   ad42f5d8b303045-487804948.example.com   3306:30357/TCP   15m

    有効にされたクラウドプロバイダーがある場合、サービスには外部 IP アドレスが自動的に割り当てられます。

  7. マスターで cURL などのツールを使用し、パブリック IP アドレスを使用してサービスに到達できることを確認します。

    $ curl <public-ip>:<port>

    以下は例になります。

    $ curl 172.29.121.74:3306

    このセクションの例では、クライアントアプリケーションを必要とする MySQL サービスを使用しています。Got packets out of order のメッセージと共に文字ストリングを取得する場合は、このサービスに接続していることになります。

    MySQL クライアントがある場合は、標準 CLI コマンドでログインします。

    $ mysql -h 172.30.131.89 -u admin -p

    出力例

    Enter password:
    Welcome to the MariaDB monitor.  Commands end with ; or \g.
    
    MySQL [(none)]>