11.6. SR-IOV InfiniBand ネットワーク割り当ての設定

クラスター内の Single Root I/O Virtualization (SR-IOV) デバイスの InfiniBand (IB) ネットワーク割り当てを設定できます。

11.6.1. InfiniBand デバイス設定オブジェクト

SriovIBNetwork オブジェクトを定義することで、InfiniBand (IB) ネットワークデバイスを設定できます。

以下の YAML は、SriovIBNetwork オブジェクトについて説明しています。

apiVersion: sriovnetwork.openshift.io/v1
kind: SriovIBNetwork
metadata:
  name: <name> 1
  namespace: openshift-sriov-network-operator 2
spec:
  resourceName: <sriov_resource_name> 3
  networkNamespace: <target_namespace> 4
  ipam: |- 5
    {}
  linkState: <link_state> 6
  capabilities: <capabilities> 7
1
オブジェクトの名前。SR-IOV Network Operator は、同じ名前を持つ NetworkAttachmentDefinition オブジェクトを作成します。
2
SR-IOV Operator がインストールされている namespace。
3
この追加ネットワークの SR-IOV ハードウェアを定義する SriovNetworkNodePolicy オブジェクトの spec.resourceName パラメーターの値。
4
SriovIBNetwork オブジェクトのターゲット namespace。ターゲット namespace の Pod のみをネットワークデバイスに割り当てることができます。
5
オプション: YAML ブロックスケーラーとしての IPAM CNI プラグインの設定オブジェクト。プラグインは、割り当て定義についての IP アドレスの割り当てを管理します。
6
オプション: 仮想機能 (VF) のリンク状態。許可される値は、enabledisable、および auto です。
7
オプション: このネットワークに設定する機能。"{ "ips": true }" を指定して IP アドレスのサポートを有効にするか、"{ "infinibandGUID": true }" を指定して IB Global Unique Identifier (GUID) サポートを有効にします。

11.6.1.1. IPAM CNI プラグインの設定

IPAM Container Network Interface (CNI) プラグインは、他の CNI プラグインに IP アドレス管理 (IPAM) を提供します。

IP アドレスの割り当てには、以下の方法を使用できます。

  • 静的割り当て。
  • DHCP サーバーを使用した動的割り当て。指定する DHCP サーバーは、追加のネットワークから到達可能である必要があります。
  • Whereabouts IPAM CNI プラグインを使用した動的割り当て。
11.6.1.1.1. 静的 IP アドレス割り当ての設定

以下の JSON は、静的 IP アドレスの割り当ての設定について説明しています。

静的割り当ての設定

{
  "ipam": {
    "type": "static",
    "addresses": [ 1
      {
        "address": "<address>", 2
        "gateway": "<gateway>" 3
      }
    ],
    "routes": [ 4
      {
        "dst": "<dst>", 5
        "gw": "<gw>" 6
      }
    ],
    "dns": { 7
      "nameservers": ["<nameserver>"], 8
      "domain": "<domain>", 9
      "search": ["<search_domain>"] 10
    }
  }
}

1
仮想インターフェースに割り当てる IP アドレスを記述する配列。IPv4 と IPv6 の IP アドレスの両方がサポートされます。
2
指定する IP アドレスおよびネットワークプレフィックス。たとえば、10.10.21.10/24 を指定すると、追加のネットワークに IP アドレスの 10.10.21.10 が割り当てられ、ネットマスクは 255.255.255.0 になります。
3
egress ネットワークトラフィックをルーティングするデフォルトのゲートウェイ。
4
Pod 内で設定するルートを記述する配列。
5
CIDR 形式の IP アドレス範囲 (192.168.17.0/24、またはデフォルトルートの 0.0.0.0/0)。
6
ネットワークトラフィックがルーティングされるゲートウェイ。
7
オプション: DNS 設定。
8
DNS クエリーの送信先となる 1 つ以上の IP アドレスの配列。
9
ホスト名に追加するデフォルトのドメイン。たとえば、ドメインが example.com に設定されている場合、example-host の DNS ルックアップクエリーは example-host.example.com として書き換えられます。
10
DNS ルックアップのクエリー時に非修飾ホスト名に追加されるドメイン名の配列 (例: example-host)。
11.6.1.1.2. 動的 IP アドレス割り当ての設定

以下の JSON は、DHCP を使用した動的 IP アドレスの割り当ての設定について説明しています。

DHCP リースの更新

Pod は、作成時に元の DHCP リースを取得します。リースは、クラスターで実行している最小限の DHCP サーバーデプロイメントで定期的に更新する必要があります。

DHCP サーバーのデプロイメントをトリガーするには、以下の例にあるように Cluster Network Operator 設定を編集して shim ネットワーク割り当てを作成する必要があります。

shim ネットワーク割り当ての定義例

apiVersion: operator.openshift.io/v1
kind: Network
metadata:
  name: cluster
spec:
  ...
  additionalNetworks:
  - name: dhcp-shim
    namespace: default
    type: Raw
    rawCNIConfig: |-
      {
        "name": "dhcp-shim",
        "cniVersion": "0.3.1",
        "type": "bridge",
        "ipam": {
          "type": "dhcp"
        }
      }

DHCP 割り当ての設定

{
  "ipam": {
    "type": "dhcp"
  }
}

11.6.1.1.3. Whereabouts を使用した動的 IP アドレス割り当ての設定

Whereabouts CNI プラグインにより、DHCP サーバーを使用せずに IP アドレスを追加のネットワークに動的に割り当てることができます。

以下の JSON は、Whereabouts を使用した動的 IP アドレス割り当ての設定について説明しています。

Whereabouts 割り当て設定

{
  "ipam": {
    "type": "whereabouts",
    "range": "<range>", 1
    "exclude": ["<exclude_part>, ..."], 2
  }
}

1
IP アドレスと範囲を CIDR 表記で指定します。IP アドレスは、この範囲内のアドレスから割り当てられます。
2
オプション: CIDR 表記で IP アドレスおよび範囲の一覧を指定します。除外されたアドレス範囲内の IP アドレスは割り当てられません。
11.6.1.1.4. 静的 IP アドレス割り当ての設定例

静的 IP アドレスの割り当てに IPAM を設定することができます。

{
  "ipam": {
    "type": "static",
      "addresses": [
        {
          "address": "191.168.1.7"
        }
      ]
  }
}
11.6.1.1.5. DHCP を使用した動的 IP アドレス割り当ての設定例

DHCP に IPAM を設定できます。

{
  "ipam": {
    "type": "dhcp"
  }
}
11.6.1.1.6. Whereabouts を使用した動的 IP アドレス割り当ての設定例

Whereabouts を使用するように IPAM を設定できます。

{
  "ipam": {
    "type": "whereabouts",
    "range": "192.0.2.192/27",
    "exclude": [
       "192.0.2.192/30",
       "192.0.2.196/32"
    ]
  }
}