第5章 OpenShift Container Platform の Ingress Operator

Ingress Operator は ingresscontroller API を実装し、OpenShift Container Platform クラスターサービスへの外部アクセスを可能にするコンポーネントです。Operator は、1 つ以上の HAProxy ベースの ingress コントローラー をデプロイし、管理してこれを可能にします。OpenShift Container Platform Route および Kubernetes Ingress リソースを指定して、トラフィックをルーティングするために Ingress Operator を使用します。

5.1. Ingress 設定アセット

インストールプログラムでは、config.openshift.io API グループの Ingress リソースでアセットを生成します (cluster-ingress-02-config.yml)。

Ingress リソースの YAML 定義

apiVersion: config.openshift.io/v1
kind: Ingress
metadata:
  name: cluster
spec:
  domain: apps.openshiftdemos.com

インストールプログラムは、このアセットを manifests/ ディレクトリーの cluster-ingress-02-config.yml ファイルに保存します。この Ingress リソースは、Ingress のクラスター全体の設定を定義します。この Ingress 設定は、以下のように使用されます。

  • Ingress Operator は、クラスター Ingress 設定のドメインを、デフォルト Ingress コントローラーのドメインとして使用します。
  • OpenShift API Server Operator は、クラスター Ingress 設定からのドメインを使用します。このドメインは、明示的なホストを指定しない Route リソースのデフォルトホストを生成する際にも使用されます。