5.8.2. カスタムデフォルト証明書の削除

管理者は、Ingress コントローラーを使用するように設定したカスタム証明書を削除できます。

前提条件

  • cluster-admin ロールを持つユーザーとしてクラスターにアクセスできる。
  • OpenShift CLI (oc) がインストールされている。
  • Ingress コントローラーのカスタムデフォルト証明書を設定していました。

手順

  • カスタム証明書を削除し、OpenShift Container Platform に同梱される証明書を復元するには、以下のコマンドを入力します。

    $ oc patch -n openshift-ingress-operator ingresscontrollers/default \
      --type json -p $'- op: remove\n  path: /spec/defaultCertificate'

    クラスターが新しい証明書設定を調整する間に遅延が生じる可能性があります。

検証

  • 元のクラスター証明書が復元されていることを確認するには、以下のコマンドを入力します。

    $ echo Q | \
      openssl s_client -connect console-openshift-console.apps.<domain>:443 -showcerts 2>/dev/null | \
      openssl x509 -noout -subject -issuer -enddate

    ここでは、以下のようになります。

    <domain>
    クラスターのベースドメイン名を指定します。

    出力例

    subject=CN = *.apps.<domain>
    issuer=CN = ingress-operator@1620633373
    notAfter=May 10 10:44:36 2023 GMT