Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

29.2. ansible-freeipa パッケージのインストール

このセクションでは、Identity Management (IdM) をインストールして管理するための Ansible ロールとモジュールを提供する ansible-freeipa パッケージをインストールする方法について説明します。

前提条件

  • 管理対象ノード で以下を行っている。

    • 管理ノードが、静的 IP アドレスと作業パッケージマネージャーを備えた Red Hat Enterprise Linux 8 システムである。
  • コントローラー で以下を行っている。

    • コントローラーが、有効なサブスクリプションを備えた Red Hat Enterprise Linux システムである。そうでない場合は、公式の Ansible ドキュメントの Installation guide で、代替のインストール方法を参照してください。
    • コントローラーから、SSH プロトコルで管理ノードに到達できる。管理ノードが、コントローラーの /root/.ssh/known_hosts ファイルの一覧に記載されていることを確認します。

手順

Ansible コントローラーで以下の手順を使用します。

  1. システムが RHEL 8.5 以前で実行されている場合は、必要なリポジトリーを有効にします。

    # subscription-manager repos --enable ansible-2.8-for-rhel-8-x86_64-rpms
  2. システムが RHEL 8.5 以前で実行されている場合は、ansible パッケージをインストールします。

    # yum install ansible
  3. ansible-freeipa パッケージをインストールします。

    # yum install ansible-freeipa

    ロールとモジュールは、/usr/share/ansible/roles/ および /usr/share/ansible/plugins/modules ディレクトリーにインストールされます。