Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

15.2. クライアントインストールが DNS レコードの更新に失敗した場合の問題の解決

IdM クライアントインストーラーは、nsupdate コマンドで PTR、SSHFP、および追加の DNS レコードを作成します。ただし、クライアントソフトウェアのインストールおよび設定後にクライアントが DNS レコードを更新できない場合、インストールプロセスは失敗します。

この問題を修正するには、/var/log/client-install.log で設定を確認し、DNS エラーを確認します。

前提条件

  • IdM 環境の DNS ソリューションとして IdM DNS を使用している。

手順

  1. クライアントが有効になっている DNS ゾーンの動的更新を確認します。

    [user@server ~]$ ipa dnszone-mod idm.example.com. --dynamic-update=TRUE
  2. DNS サービスを実行している IdM サーバーで、TCP プロトコルと UDP プロトコルの両方でポート 53 が開かれていることを確認します。

    [user@server ~]$ sudo firewall-cmd --permanent --add-port=53/tcp --add-port=53/udp
    [sudo] password for user:
    success
    [user@server ~]$ firewall-cmd --runtime-to-permanent
    success
  3. grep ユーティリティーを使用して、/var/log/client-install.log から nsupdate コマンドの内容を取得し、どの DNS レコードの更新に失敗しているかを確認します。

    [user@server ~]$ sudo grep nsupdate /var/log/ipaclient-install.log

関連情報

  • 失敗したインストールを解決できず、Red Hat テクニカルサポートサブスクリプションがある場合は、Red Hat カスタマーポータル でテクニカルサポートケースを作成し、クライアントの sosreport を提供します。
  • sosreport ユーティリティーは、設定の詳細、ログ、およびシステム情報を RHEL システムから収集します。sosreport ユーティリティーの詳細は、「Red Hat Enterprise Linux 上での sosreport の役割と取得方法」を参照してください。