Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

第21章 IdM レプリカをインストールするためのシステムの準備

ここでは、Identity Management (IdM) レプリカのインストール要件を取り上げます。インストールを行う前に、システムがその要件を満たしていることを確認してください。

21.1. レプリカバージョンの要件

Red Hat Enterprise Linux (RHEL) 8 レプリカは、RHEL 7.4 以降で実行している Identity Management (IdM) サーバーとのみ機能します。RHEL 8 で実行している IdM レプリカを既存のデプロイメントに導入する前に、すべての IdM サーバーを RHEL 7.4 以降にアップグレードし、ドメインレベルを 1 に変更します。

さらに、レプリカが、同じまたはそれ以降のバージョンの IdM を実行している必要があります。以下に例を示します。

  • Red Hat Enterprise Linux 8 に IdM サーバーをインストールし、IdM 4.x パッケージを使用している。
  • レプリカが Red Hat Enterprise Linux 8 以降にインストールされ、バージョン 4.x 以降の IdM を使用している。

これにより、設定が適切にサーバーからレプリカにコピーされます。

IdM ソフトウェアバージョンの表示方法は、IdM ソフトウェアのバージョンを表示する方法 を参照してください。