Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

第26章 CA を使用しないデプロイメントで IdM CA サービスを IdM サーバーに追加

以前に認証局 (CA) コンポーネントなしで Identity Management (IdM) ドメインをインストールした場合は、ipa-ca-install コマンドを使用して IdM CA サービスをドメインに追加できます。要件に応じて、次のいずれかのオプションを選択できます。

注記

サポートされている CA 設定の詳細については、CA サービスの計画 を参照してください。

26.1. ルート CA として最初の IdM CA を既存の IdM ドメインにインストール

以前に認証局 (CA) コンポーネントなしで Identity Management (IdM) をインストールした場合は、後で CA を IdM サーバーにインストールできます。この手順に従って、外部ルート CA に従属しない IdM CA をidmserver サーバーにインストールします。

前提条件

  • idmserver に対する root 権限がある。
  • IdM サーバーが idmserver にインストールされている。
  • IdM デプロイメントには CA がインストールされていません。
  • IdM Directory Manager パスワードを把握している。

手順

  1. idmserver に、IdM Certificate Server CA をインストールします。

    [root@idmserver ~] ipa-ca-install
  2. トポロジー内の各 IdM ホストで、ipa-certupdate ユーティリティーを実行して、IdM LDAP からの新しい証明書に関する情報でホストを更新します。

    重要

    IdM CA 証明書の生成後に ipa-certupdate を実行しない場合、証明書は他の IdM マシンに配布されません。