Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

2.5. FIPS モードが有効なフォレスト間の信頼のサポート

FIPS モードが有効な場合に Active Directory (AD) ドメインでフォレスト間の信頼を確立するには、以下の要件を満たす必要があります。

  • RHEL 8.4.0 以降の IdM サーバーを使用する。
  • 信頼の設定時に、AD 管理アカウントで認証する必要がある。FIPS モードが有効な場合には、共有シークレットを使用して信頼を確立することはできません。
重要

RADIUS 認証は FIPS に準拠していません。RADIUS プロトコルは MD5 ハッシュ機能を使用してクライアントとサーバー間のパスワードを暗号化し、FIPS モードでは、OpenSSL は MD5 ダイジェストアルゴリズムの使用を無効にするためです。ただし、RADIUS サーバーが IdM サーバーと同じホストで実行されている場合は、「How to configure FreeRADIUS authentication in FIPS mode」で説明されている手順を実行して、問題を回避してMD5 を有効にすることができます。

関連情報