Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

第16章 IdM クライアントシステムの名前変更

ここでは、Identity Management (IdM) クライアントシステムのホスト名を変更する方法を説明します。

警告

クライアントの名前は手動で変更します。ホスト名の変更が絶対に必要である場合のみ実行してください。

IdM クライアントの名前を変更するには、以下を行います。

  1. ホストを準備します。詳細は、名前を変更するための IdM クライアントの準備を参照してください。
  2. ホストから IdM クライアントをアンインストールします。詳しくはクライアントのアンインストール を参照してください。
  3. ホストの名前を変更します。詳しくはクライアントの名前の変更 を参照してください。
  4. 新しい名前でホストに IdM クライアントをインストールします。詳しくはクライアントの再インストール を参照してください。
  5. IdM クライアントのインストール後にホストを設定します。詳しくはサービスの再追加、証明書の再生成、およびホストグループの再追加 を参照してください。

16.1. 名前を変更するための IdM クライアントの準備

現在のクライアントをアンインストールする前に、クライアントの設定を書き留めます。新しいホスト名のマシンを再登録した後にこの設定を適用します

  • マシンで実行しているサービスを特定します。

    • ipa service-find コマンドを使用して、証明書のあるサービスを特定して出力します。

      $ ipa service-find old-client-name.example.com
    • さらに、各ホストには ipa service-find の出力に表示されないデフォルトの host service があります。ホストサービスのサービスプリンシパルは ホストプリンシパル とも呼ばれ、host/old-client-name.example.com になります。
  • ipa service-find old-client-name.example.com により表示されるすべてのサービスプリンシパルは、old-client-name.example.com 上の対応するキータブの場所を決定します。

    # find / -name "*.keytab"

    クライアントシステムの各サービスには、ldap/old-client-name.example.com@EXAMPLE.COM のように service_name/host_name@REALM の形式を取る Kerberos プリンシパルがあります。

  • マシンが所属するすべてのホストグループを特定します。

    # ipa hostgroup-find old-client-name.example.com