Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

21.3. 部分的な IdM レプリカインストールの削除

IdM レプリカのインストールに失敗した場合は、設定ファイルの一部が残される可能性があります。IdM レプリカのインストールを試みる追加の試行に失敗し、インストールスクリプトで IPA がすでに設定されていると報告されます。

[root@server ~]# ipa-replica-install
Your system may be partly configured.
Run /usr/sbin/ipa-server-install --uninstall to clean up.

IPA server is already configured on this system.
If you want to reinstall the IPA server, please uninstall it first using 'ipa-server-install --uninstall'.
The ipa-replica-install command failed. See /var/log/ipareplica-install.log for more information

この問題を解決するには、レプリカから IdM ソフトウェアをアンインストールし、IdM トポロジーからレプリカを削除し、インストールプロセスを再試行します。

前提条件

  • root 権限があること。

手順

  1. IdM レプリカとして設定するホストで IdM サーバーソフトウェアをアンインストールします。

    [root@replica ~]# ipa-server-install --uninstall
  2. トポロジー内の他のすべてのサーバーで ipa server-del コマンドを使用して、適切にインストールしていないレプリカへの参照を削除します。

    [root@other-replica ~]# ipa server-del replica.idm.example.com
  3. レプリカのインストールを試行します。
  4. インストールを繰り返し失敗するため、IdM レプリカのインストールを続ける場合は、オペレーティングシステムを再インストールします。

    IdM レプリカのインストール要件の 1 つは、カスタマイズなしでクリーンなシステムです。インストールに失敗した場合は、予期せずにシステムファイルを変更することで、ホストの整合性が侵害される可能性があります。

関連情報