Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

16.3. クライアントのキータブでクライアントの再登録: 非対話的な再登録

前提条件

  • /tmp/root などのディレクトリーに元のクライアントキータブファイルをバックアップします。

手順

この手順では、クライアントシステムのキータブファイルを使用して、Identity Management (IdM) クライアントを非対話的に再登録する方法を説明します。たとえば、クライアントのキータブを使用した再登録は自動インストールに適しています。

  1. 同じホスト名のクライアントマシンを再作成します。
  2. バックアップした場所から、再作成したクライアントマシンの /etc/ ディレクトリーにキータブファイルをコピーします。
  3. ipa-client-install ユーティリティーを使用してクライアントを再登録し、--keytab オプションでキータブの場所を指定します。

    # ipa-client-install --keytab /etc/krb5.keytab
    注記

    登録を開始するために認証する場合は、--keytab オプションで指定するキータブのみが使用されます。再登録中、IdM はクライアントに対して新しいキータブを生成します。