Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

27.12. 非表示レプリカの降格または昇格

レプリカのインストール後、レプリカの表示状態を設定できます。

非表示のレプリカの詳細は、The hidden replica modeを参照してください。

レプリカが CA 更新サーバーである場合は、このレプリカを非表示にする前に、サービスを別のレプリカに移動します。

詳細はChanging and resetting IdM CA renewal serverを参照してください。

注記

RHEL 8.1 で導入された非表示のレプリカ機能は、RHEL 8.2 以降で完全にサポートされています。

手順

  • レプリカを非表示にするには、次のコマンドを実行します。

    # ipa server-state replica.idm.example.com --state=hidden

    次のコマンドを実行すれば、レプリカを表示できます

    # ipa server-state replica.idm.example.com --state=enabled