Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

第25章 IdM Healthcheck ツールのインストールおよび実行

本章では、IdM Healthcheck ツールと、そのインストールおよび実行方法を説明します。

前提条件

  • Healthcheck ツールは、RHEL 8.1 以降でのみ利用できます。

25.1. IdM の Healthcheck

IdM (Identity Management) の Healthcheck ツールは、IdM 環境の健全性に影響を与える可能性がある問題を見つけるのに役立ちます。

注記

Healthcheck ツールは、Kerberos 認証なしで使用できるコマンドラインツールです。

モジュールは独立しています

Healthcheck は、以下をテストする独立したモジュールで構成されています。

  • レプリケーションの問題
  • 証明書の有効性
  • 認証局インフラストラクチャーの問題
  • IdM および Active Directory の信頼の問題
  • 正しいファイル許可と所有権設定

2 つの出力形式

ヘルスチェックでは、以下の出力が生成されます。これは、output-type オプションを使用して設定できます。

  • JSON: マシンが判読できる出力 (デフォルト)
  • human: 人間が判読できる出力

--output-file オプションで別の出力先ファイルを指定できます。

結果

Healthcheck の各モジュールは、次のいずれかの結果を返します。

SUCCESS
期待どおりに構成されています。
WARNING
エラーではありませんが、注目または評価すると良いでしょう。
ERROR
期待どおりに構成されていません。
CRITICAL
予想どおりに構成されておらず、影響を受ける可能性が高くなっています。