Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

第7章 LDIF ファイルからのカスタムデータベース設定を使用した IdM サーバーまたはレプリカのインストール

Directory Server データベースのカスタム設定を使用して、IdM サーバーおよび IdM レプリカをインストールできます。以下の手順は、データベース設定で LDAP データ交換形式 (LDIF) ファイルを作成する方法と、その設定を IdM サーバーおよびレプリカインストールコマンドに渡す方法を示しています。

前提条件

手順

  1. カスタムデータベース設定で LDIF 形式のテキストファイルを作成します。LDAP 属性の変更はダッシュ (-) で区切ります。この例では、idle タイムアウトおよび最大ファイルディスクリプターにデフォルト以外の値を設定します。

    dn: cn=config
    changetype: modify
    replace: nsslapd-idletimeout
    nsslapd-idletimeout=1800
    -
    replace: nsslapd-maxdescriptors
    nsslapd-maxdescriptors=8192
  2. --dirsrv-config-file パラメーターを使用して、LDIF ファイルをインストールスクリプトに渡します。

    1. IdM サーバーをインストールするには、次のコマンドを実行します。

      # ipa-server-install --dirsrv-config-file filename.ldif
    2. IdM レプリカをインストールするには、次のコマンドを実行します。

      # ipa-replica-install --dirsrv-config-file filename.ldif