Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

33.13. Ansible を使用した信頼の削除

本セクションでは、Ansible Playbook を使用して、IdM で Identity Management (IdM)/Active Directory (AD) の信頼を削除する方法を説明します。

前提条件

  • IdM 管理者として Kerberos チケットを取得している。詳細は Web UI で IdM にログイン: Kerberos チケットの使用 を参照してください。
  • 以下の要件を満たす Ansible コントロールノードを設定している。

    • Ansible バージョン 2.8 以降を使用している。
    • ansible-freeipa パッケージがインストールされている。
    • ~/MyPlaybooks/ ディレクトリーに、このトラストを削除する IdM サーバーの完全修飾ドメイン名 (FQDN) で Ansible インベントリーファイル を作成している。

手順

  1. ~/MyPlaybooks/ ディレクトリーに移動します。

    $ cd ~/MyPlaybooks/
  2. 以下の内容を含む del-trust.yml Playbook を作成します。

    ---
    - name: Playbook to delete trust
      hosts: ipaserver
      become: true
    
      tasks:
        - name: ensure the trust is absent
          ipatrust:
            ipaadmin_password: SomeADMINpassword
            realm: ad.example.com
            state: absent

    この例では、realm は AD レルム名の文字列を定義します。

  3. ファイルを保存します。
  4. Playbook ファイルとインベントリーファイルを指定して Ansible Playbook を実行します。

    $ ansible-playbook -v -i inventory del-trust.yml

検証手順

  • ipa trust-show を実行して、信頼が削除されたことを確認します。

    [root@server ~]# ipa trust-show ad.example.com
    ipa: ERROR: ad.example.com: trust not found

関連情報

  • /usr/share/doc/ansible-freeipa/README-trust.md
  • /usr/share/doc/ansible-freeipa/playbooks/trust