Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

15.3. クライアントのインストールが IdM Kerberos レルムへの参加に失敗した場合の問題の解決

クライアントが IdM Kerberos レルムに参加できない場合、IdM クライアントのインストールプロセスに失敗します。

Joining realm failed: Failed to add key to the keytab
child exited with 11

Installation failed. Rolling back changes.

この失敗の原因は、空の Kerberos キータブが原因です。

前提条件

  • システムファイルを削除するには、root 権限が必要です。

手順

  1. /etc/krb5.keytab を削除します。

    [user@client ~]$ sudo rm /etc/krb5.keytab
    [sudo] password for user:
    [user@client ~]$ ls /etc/krb5.keytab
    ls: cannot access '/etc/krb5.keytab': No such file or directory
  2. IdM クライアントのインストールを再試行します。

関連情報

  • 失敗したインストールを解決できず、Red Hat テクニカルサポートサブスクリプションがある場合は、Red Hat カスタマーポータル でテクニカルサポートケースを作成し、クライアントの sosreport を提供します。
  • sosreport ユーティリティーは、設定の詳細、ログ、およびシステム情報を RHEL システムから収集します。sosreport ユーティリティーの詳細は、「Red Hat Enterprise Linux 上での sosreport の役割と取得方法」を参照してください。