Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

第10章 IdM クライアントをインストールするためのシステムの準備

本章では、Identity Management (IdM) クライアントをインストールするのに必要なシステムの条件を説明します。

10.1. IdM クライアントの DNS 要件

デフォルトでは、クライアントインストーラーは、ホスト名の親であるすべてのドメインの DNS SRV レコード _ldap._tcp.DOMAIN を検索します。たとえば、クライアントマシンのホスト名が client1.idm.example.com である場合は、インストーラーが _ldap._tcp.idm.example.com_ldap._tcp.example.com、および _ldap._tcp.com の DNS SRV レコードから IdM サーバーのホスト名を取得しようとします。その後、検出されたドメインを使用して、クライアントコンポーネント (SSSD や Kerberos 5 設定など) をマシン上で設定します。

しかし、IdM クライアントのホスト名を、プライマリー DNS ドメインの一部にする必要はありません。クライアントマシンのホスト名が IdM サーバーのサブドメインでない場合は、IdM ドメインを ipa-client-install コマンドの --domain オプションとして渡します。これにより、クライアントのインストール後に、SSSD コンポーネントと Kerberos コンポーネントの両方の設定ファイルにドメインが設定され、IdM サーバーの自動検出に使用されます。

関連情報