Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

第13章 IdM クライアントをインストールするためのシステムの準備

本章では、Identity Management (IdM) クライアントをインストールするのに必要なシステムの条件を説明します。

13.1. IdM クライアントのインストールをサポートする RHEL のバージョン

IdM サーバーが Red Hat Enterprise Linux 8 の最新マイナーバージョンで実行されている Identity Management デプロイメントでは、以下の最新マイナーバージョンで実行されているクライアントがサポートされます。

  • RHEL 7
  • RHEL 8
  • RHEL 9
注記
他のクライアントシステム (Ubuntu など) は IdM 8 サーバーと連携できますが、Red Hat では、これらのクライアントのサポートを提供していません。
IMPORTANT
IdM デプロイメントを FIPS 準拠にする予定の場合、Red Hat は環境を RHEL 9 に移行することを強く推奨します。RHEL 9 は、FIPS 140-3 に準拠する予定の最初の RHEL メジャーバージョンです。