Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

16.2. IdM クライアントのアンインストール

クライアントをアンインストールすると、クライアントが Identity Management (IdM) ドメインから削除され、SSSD (System Security Services Daemon) などの特定のシステムサービスの IdM 設定もすべて削除されます。これにより、クライアントシステムの以前の設定が復元します。

手順

  1. ipa-client-install --uninstall コマンドを入力します。

    [root@client ~]# ipa-client-install --uninstall
  2. (オプション) IdM ユーザーの Kerberos Ticket-granting Ticket (TGT) を取得できないことを確認します。

    [root@client ~]# kinit admin
    kinit: Client 'admin@EXAMPLE.COM' not found in Kerberos database while getting initial credentials
    [root@client ~]#

    Kerberos TGT チケットが正常に返された場合には、IdM クライアントのアンインストール: 以前に複数回インストールを行った場合の追加手順にあるアンインストール手順を実行してください。

  3. クライアントで、特定した Keytab から以前の Kerberos プリンシパル (/etc/krb5.keytab を除く) を削除します。

    [root@client ~]# ipa-rmkeytab -k /path/to/keytab -r EXAMPLE.COM
  4. IdM サーバーで、IdM からクライアントホストの DNS エントリーをすべて削除します。

    [root@server ~]# ipa dnsrecord-del
    Record name: old-client-name
    Zone name: idm.example.com
    No option to delete specific record provided.
    Delete all? Yes/No (default No): yes
    ------------------------
    Deleted record "old-client-name"
  5. IdM サーバーで、IdM LDAP サーバーからクライアントホストエントリーを削除します。これにより、すべてのサービスが削除され、そのホストに発行されたすべての証明書が無効になります。

    [root@server ~]# ipa host-del client.idm.example.com
    重要

    クライアントホストエントリーを、別の IP アドレスまたは別のホスト名を使用して今後再登録する場合に、IdM LDAP サーバーからクライアントホストエントリーを削除することが重要です。