1.12.3.5. Operator リソースのクリーンアップ

以下の手順に従って、OpenShift コンソールを使用して、Red Hat OpenShift Service Mesh Operator を削除した後に残ったリソースを手動で削除します。

前提条件

  • クラスター管理アクセスを持つアカウント。
  • oc として知られる OpenShift Container Platform コマンドラインインターフェース (CLI) へのアクセス。

手順

  1. クラスター管理者として OpenShift Container Platform CLI にログインします。
  2. 以下のコマンドを実行して、Operator のアンインストール後にリソースをクリーンアップします。サービスメッシュなしで Jaeger をスタンドアロンのサービスとして引き続き使用する場合は、Jaeger リソースを削除しないでください。

    注記

    Operator はデフォルトで openshift-operators namespace にインストールされます。Operator を別の namespace にインストールしている場合、openshift-operators を Red Hat OpenShift Service Mesh Operator がインストールされていたプロジェクトの名前に置き換えます。

    $ oc delete validatingwebhookconfiguration/openshift-operators.servicemesh-resources.maistra.io
    $ oc delete mutatingwebhookconfigurations/openshift-operators.servicemesh-resources.maistra.io
    $ oc delete -n openshift-operators daemonset/istio-node
    $ oc delete clusterrole/istio-admin clusterrole/istio-cni clusterrolebinding/istio-cni
    $ oc delete clusterrole istio-view istio-edit
    $ oc delete clusterrole jaegers.jaegertracing.io-v1-admin jaegers.jaegertracing.io-v1-crdview jaegers.jaegertracing.io-v1-edit jaegers.jaegertracing.io-v1-view
    $ oc get crds -o name | grep '.*\.istio\.io' | xargs -r -n 1 oc delete
    $ oc get crds -o name | grep '.*\.maistra\.io' | xargs -r -n 1 oc delete
    $ oc get crds -o name | grep '.*\.kiali\.io' | xargs -r -n 1 oc delete
    $ oc delete crds jaegers.jaegertracing.io
    $ oc delete svc admission-controller -n <operator-project>
    $ oc delete project <istio-system-project>