1.5.3. Jaeger Operator のインストール

Jaeger をインストールするには、OperatorHub を使用して Jaeger Operator をインストールします。

デフォルトで、Operator は openshift-operators プロジェクトにインストールされます。

前提条件

  • OpenShift Container Platform Web コンソールへのアクセスが可能です。
  • cluster-admin ロールを持つアカウントが必要です。
  • 永続ストレージが必要な場合、Jaeger Operator をインストールする前に Elasticsearch Operator もインストールする必要があります。
警告

Operator のコミュニティーバージョンはインストールしないでください。コミュニティー Operator はサポートされていません。

手順

  1. cluster-admin ロールを持つユーザーとして OpenShift Container Platform Web コンソールにログインします。
  2. OperatorsOperatorHub に移動します。
  3. Jaeger とフィルターに入力して、Jaeger Operator を検索します。
  4. Red Hat が提供する Jaeger Operator をクリックし、Operator についての情報を表示します。
  5. Install をクリックします。
  6. Install Operator ページで、All namespaces on the cluster (default) を選択します。これにより、Operator がデフォルトの openshift-operators プロジェクトにインストールされ、Operator はクラスター内のすべてのプロジェクトで利用可能になります。
  7. stable Update Channel を選択します。これにより、新しいバージョンがリリースされると Jaeger が自動的に更新されます。1.17-stable などのメンテナンスチャネルを選択すると、そのバージョンのサポートサイクルの期間、バグ修正およびセキュリティーパッチが送信されます。

    • Approval Strategy を選択します。Automatic または Manual の更新を選択できます。インストールされた Operator について自動更新を選択する場合、Operator の新規バージョンが利用可能になると、Operator Lifecycle Manager (OLM) は人の介入なしに、Operator の実行中のインスタンスを自動的にアップグレードします。手動更新を選択する場合、Operator の新規バージョンが利用可能になると、OLM は更新要求を作成します。クラスター管理者は、Operator が新規バージョンに更新されるように更新要求を手動で承認する必要があります。

      注記

      手動の承認ストラテジーには、Operator のインストールおよびサブスクリプションプロセスを承認するための適切な認証情報を持つユーザーが必要です。

  8. Install をクリックします。
  9. Subscription Overview ページで、openshift-operators プロジェクトを選択します。Jaeger Operator に「InstallSucceeded」のステータスが表示されるまで待機してから続行します。