1.10.3.3. ユーザーアイデンティティーに基づくルート

次に、ルート設定を変更して、特定のユーザーからのトラフィックすべてが特定のサービスバージョンにルーティングされるようにします。この場合、jason という名前のユーザーからのトラフィックはすべて、サービス reviews:v2 にルーティングされます。

サービスメッシュには、ユーザーアイデンティティーについての特別な組み込み情報がないことに注意してください。この例は、productpage サービスが reviews サービスへのすべてのアウトバウンド HTTP リクエストにカスタム end-user ヘッダーを追加することで有効にされます。

  1. 以下のコマンドを実行してユーザーベースのルーティングを有効にします。

    $ oc apply -f https://raw.githubusercontent.com/Maistra/istio/maistra-1.1/samples/bookinfo/networking/virtual-service-reviews-test-v2.yaml
  2. ルールが作成されていることを確認します。

    $ oc get virtualservice reviews -o yaml

    このコマンドは以下の YAML ファイルを返します。

    apiVersion: networking.istio.io/v1alpha3
    kind: VirtualService
    metadata:
      name: reviews
      ...
    spec:
      hosts:
      - reviews
      http:
      - match:
        - headers:
          end-user:
            exact: jason
        route:
        - destination:
          host: reviews
          subset: v2
      - route:
        - destination:
          host: reviews
          subset: v1
  3. Bookinfo アプリケーションの /productpage で、ユーザー jason としてログインします。ブラウザーを更新します。表示内容を確認してください。各レビューの横に星評価が表示されます。
  4. 別のユーザーとしてログインします(任意の名前を指定します)。ブラウザーを更新します。これで星がなくなりました。これは、Jason 以外のすべてのユーザーについてトラフィックが reviews:v1 にルーティングされるためです。

ユーザーアイデンティティーに基づいてトラフィックをルーティングするようにサービスメッシュが正常に設定されています。