1.9.2. 暗号化スイートおよび ECDH 曲線の設定

暗号化スイートおよび ECDH 曲線 (Elliptic-curve Diffie–Hellman) は、サービスメッシュのセキュリティーを保護するのに役立ちます。暗号化スイートのコンマ区切りの一覧を spec.istio.global.tls.cipherSuites を使用して定義し、 ECDH 曲線を ServiceMeshControlPlane リソースの spec.istio.global.tls.ecdhCurves を使用して定義できます。これらの属性のいずれかが空の場合、デフォルト値が使用されます。

サービスメッシュが TLS 1.2 以前のバージョンを使用する場合、cipherSuites 設定が有効になります。この設定は、TLS 1.3 でネゴシエートする場合は影響を与えません。

コンマ区切りの一覧に暗号化スイートを優先度順に設定します。たとえば、ecdhCurves: CurveP256, CurveP384 は、CurveP256CurveP384 よりも高い優先順位として設定します。

注記

暗号化スイートを設定する場合は、TLS_ECDHE_RSA_WITH_AES_128_GCM_SHA256 または TLS_ECDHE_ECDSA_WITH_AES_128_GCM_SHA256 のいずれかを追加する必要があります。HTTP/2 のサポートには、1 つ以上の以下の暗号スイートが必要です。

サポートされている暗号化スイートは以下になります。

  • TLS_ECDHE_RSA_WITH_CHACHA20_POLY1305_SHA256
  • TLS_ECDHE_ECDSA_WITH_CHACHA20_POLY1305_SHA256
  • TLS_ECDHE_RSA_WITH_AES_128_GCM_SHA256
  • TLS_ECDHE_ECDSA_WITH_AES_128_GCM_SHA256
  • TLS_ECDHE_RSA_WITH_AES_256_GCM_SHA384
  • TLS_ECDHE_ECDSA_WITH_AES_256_GCM_SHA384
  • TLS_ECDHE_RSA_WITH_AES_128_CBC_SHA256
  • TLS_ECDHE_RSA_WITH_AES_128_CBC_SHA
  • TLS_ECDHE_ECDSA_WITH_AES_128_CBC_SHA256
  • TLS_ECDHE_ECDSA_WITH_AES_128_CBC_SHA
  • TLS_ECDHE_RSA_WITH_AES_256_CBC_SHA
  • TLS_ECDHE_ECDSA_WITH_AES_256_CBC_SHA
  • TLS_RSA_WITH_AES_128_GCM_SHA256
  • TLS_RSA_WITH_AES_256_GCM_SHA384
  • TLS_RSA_WITH_AES_128_CBC_SHA256
  • TLS_RSA_WITH_AES_128_CBC_SHA
  • TLS_RSA_WITH_AES_256_CBC_SHA
  • TLS_ECDHE_RSA_WITH_3DES_EDE_CBC_SHA
  • TLS_RSA_WITH_3DES_EDE_CBC_SHA

サポートされる ECDH 曲線は以下のとおりです。

  • CurveP256
  • CurveP384
  • CurveP521
  • X25519