1.6.3.3.2. サブドメイン

Red Hat OpenShift Service Mesh はサブドメインでルートを作成しますが、OpenShift Container Platform はこれを有効にするように設定される必要があります。*.domain.com などのサブドメインはサポートされますが、デフォルトでは設定されません。

以下のゲートウェイが作成される場合は、次のコマンドを実行します。

apiVersion: networking.istio.io/v1alpha3
kind: Gateway
metadata:
  name: gateway1
spec:
  selector:
    istio: ingressgateway
  servers:
  - port:
      number: 80
      name: http
      protocol: HTTP
    hosts:
    - www.bookinfo.com
    - bookinfo.example.com

次に、以下の OpenShift ルートが自動的に作成されます。ルートが以下のコマンドを使用して作成されていることを確認できます。

$ oc -n <your-control-plane-namespace> get routes

予想される出力

NAME           HOST/PORT             PATH  SERVICES               PORT  TERMINATION   WILDCARD
gateway1-lvlfn bookinfo.example.com        istio-ingressgateway   <all>               None
gateway1-scqhv www.bookinfo.com            istio-ingressgateway   <all>               None

このゲートウェイが削除されると、Red Hat OpenShift Service Mesh はルートを削除します。ただし、手動で作成されたルートは Red Hat OpenShift Service Mesh によって変更されることはありません。

クラスター管理者は、サブドメインを有効にする方法について「Using wildcard routes」を参照できます。