1.12.2.2. CLI からのコントロールプレーンの削除

以下の手順に従って、CLI を使用して Red Hat OpenShift Service Mesh コントロールプレーンを削除します。

前提条件

  • Red Hat OpenShift Service Mesh コントロールプレーンがデプロイされている必要があります。
  • oc として知られる OpenShift Container Platform コマンドラインインターフェース (CLI) へのアクセス。
手順

ServiceMeshControlPlane を削除すると、サービスメッシュは Operator にインストールしたすべてのものをアンインストールするよう指示します。

ヒント

servicemeshcontrolplane の代わりに短い smcp エイリアスを使用できます。

  1. OpenShift Container Platform CLI にログインします。
  2. 以下のコマンドを実行して、インストールした ServiceMeshControlPlane の名前を取得します。

    $ oc get servicemeshcontrolplanes -n istio-system
  3. <name_of_custom_resource> を先のコマンドの出力に置き換え、以下のコマンドを実行してカスタムリソースを削除します。

    $ oc delete servicemeshcontrolplanes -n istio-system <name_of_custom_resource>