1.3.2.3. Istio ロールベースアクセス制御機能

Istio ロールベースアクセス制御機能 (RBAC) は、サービスへのアクセスを制御するために使用できるメカニズムを提供します。ユーザー名やプロパティーのセットを指定してサブジェクトを特定し、それに応じてアクセス制御を適用することができます。

アップストリームの Istio コミュニティーインストールには、ヘッダーの完全一致の実行、ヘッダーのワイルドカードの一致の実行、または特定のプレフィックスまたはサフィックスを含むヘッダーの有無をチェックするオプションが含まれます。

Red Hat OpenShift Service Mesh は、正規表現を使用して要求ヘッダーと一致させる機能を拡張します。request.regex.headers のプロパティーキーを正規表現で指定します。

アップストリーム Istio コミュニティーの要求ヘッダーのマッチング例

apiVersion: "rbac.istio.io/v1alpha1"
kind: ServiceRoleBinding
metadata:
  name: httpbin-client-binding
  namespace: httpbin
spec:
  subjects:
  - user: "cluster.local/ns/istio-system/sa/istio-ingressgateway-service-account"
    properties:
      request.headers[<header>]: "value"

Red Hat OpenShift Service Mesh の正規表現による要求ヘッダーのマッチング

apiVersion: "rbac.istio.io/v1alpha1"
kind: ServiceRoleBinding
metadata:
  name: httpbin-client-binding
  namespace: httpbin
spec:
  subjects:
  - user: "cluster.local/ns/istio-system/sa/istio-ingressgateway-service-account"
    properties:
      request.regex.headers[<header>]: "<regular expression>"