1.5.6.2. CLI からのコントロールプレーンのデプロイ

以下の手順に従って、CLI を使用して Red Hat OpenShift Service Mesh コントロールプレーンをデプロイします。

前提条件

  • Red Hat OpenShift Service Mesh Operator がインストールされている必要があります。
  • Red Hat OpenShift Service Mesh のインストールのカスタマイズ方法についての手順を確認します。
  • cluster-admin ロールを持つアカウントが必要です。
  • OpenShift CLI (oc) へのアクセスが可能です。

手順

  1. cluster-admin ロールを持つユーザーとして OpenShift Container Platform CLI にログインします。

    $ oc login https://{HOSTNAME}:6443
  2. istio-system という名前のプロジェクトを作成します。

    $ oc new-project istio-system
  3. 「Customize the Red Hat OpenShift Service Mesh installation」にある例を使用して、istio-installation.yaml という名前の ServiceMeshControlPlane ファイルを作成します。必要に応じて値をカスタマイズして、ユースケースに合わせて使用することができます。実稼働デプロイメントの場合は、デフォルトの Jaeger テンプレートを変更する 必要 があります。
  4. 以下のコマンドを実行してコントロールプレーンをデプロイします。

    $ oc create -n istio-system -f istio-installation.yaml
  5. 以下のコマンドを実行して、コントロールプレーンのインストールのステータスを確認します。

    $ oc get smcp -n istio-system

    READY 列が true の場合、インストールは正常に終了しています。

    NAME           READY
    basic-install   True
  6. 以下のコマンドを実行して、インストールプロセス時の Pod の進捗を確認します。

    $ oc get pods -n istio-system -w

    以下のような出力が表示されるはずです。

    出力例

    NAME                                     READY   STATUS             RESTARTS   AGE
    grafana-7bf5764d9d-2b2f6                 2/2     Running            0          28h
    istio-citadel-576b9c5bbd-z84z4           1/1     Running            0          28h
    istio-egressgateway-5476bc4656-r4zdv     1/1     Running            0          28h
    istio-galley-7d57b47bb7-lqdxv            1/1     Running            0          28h
    istio-ingressgateway-dbb8f7f46-ct6n5     1/1     Running            0          28h
    istio-pilot-546bf69578-ccg5x             2/2     Running            0          28h
    istio-policy-77fd498655-7pvjw            2/2     Running            0          28h
    istio-sidecar-injector-df45bd899-ctxdt   1/1     Running            0          28h
    istio-telemetry-66f697d6d5-cj28l         2/2     Running            0          28h
    jaeger-896945cbc-7lqrr                   2/2     Running            0          11h
    kiali-78d9c5b87c-snjzh                   1/1     Running            0          22h
    prometheus-6dff867c97-gr2n5              2/2     Running            0          28h

マルチテナントインストールでは、Red Hat OpenShift Service Mesh はクラスター内で複数の独立したコントロールプレーンをサポートします。ServiceMeshControlPlane テンプレートを使用すると、再利用可能な設定を作成することができます。詳細は、「コントロールプレーンのテンプレートの作成」を参照してください。