1.4.2. Red Hat OpenShift Service Mesh でサポートされている設定

以下は、Red Hat OpenShift Service Mesh で唯一サポートされている構成です。

  • Red Hat OpenShift Container Platform バージョン 4.x。
注記

OpenShift Online および OpenShift Dedicated は Red Hat OpenShift Service Mesh に対してはサポートされていません。

  • デプロイメントは、フェデレーションされていない単一の OpenShift Container Platform クラスターに含まれる必要があります。
  • Red Hat OpenShift Service Mesh の本リリースは、OpenShift Container Platform x86_64 でのみ利用できます。
  • 本リリースでは、すべてのサービスメッシュコンポーネントが OpenShift クラスターに含まれ、動作している設定のみをサポートしています。クラスター外にあるマイクロサービスの管理や、マルチクラスターシナリオにおけるマイクロサービスの管理はサポートしていません。
  • 本リリースでは、仮想マシンなどの外部サービスを統合していない設定のみをサポートしています。

1.4.2.1. Red Hat OpenShift Service Mesh でサポートされている Kiali の設定

  • Kiali の可観測性コンソールは Chrome、Edge、Firefox、または Safari ブラウザーの 2 つの最新リリースでのみサポートされています。