1.3.4. Jaeger とサービスメッシュ

OpenShift Container Platform でのサービスメッシュを使用した Jaeger インストールは、複数の点でコミュニティーの Jaeger インストールとは異なります。以下の変更点は、問題の解決、追加機能の提供、OpenShift Container Platform へのデプロイ時の差異の処理を実行するために必要になることがあります。

  • Jaeger はサービスメッシュに対してデフォルトで有効にされています。
  • Ingress は、サービスメッシュに対してデフォルトで有効にされています。
  • Zipkin ポート名が、(http から) jaeger-collector-zipkin に変更されています。
  • Jaeger はデフォルトでストレージに Elasticsearch を使用します。
  • Istio のコミュニティーバージョンは、一般的な「トレース」ルートを提供します。Red Hat OpenShift Service Mesh は Jaeger Operator によってインストールされ、OAuth によってすでに保護されている「jaeger」ルートを使用します。
  • Red Hat OpenShift Service Mesh は Envoy プロキシーにサイドカーを使用し、Jaeger も Jaeger エージェントにサイドカーを使用します。両者は個別に設定し、混同しないようにしてください。プロキシーサイドカーは、Pod の Ingress および Egress トラフィックに関連するスパンを作成します。エージェントサイドカーは、アプリケーションによって出力されるスパンを受け取り、これらを Jaeger Collector に送信します。