1.5.9. 手動更新

手動で更新することを選択する場合、Operator Lifecycle Manager (OLM) は、クラスター内の Operator のインストール、アップグレード、ロールベースのアクセス制御 (RBAC) を制御します。OLM はデフォルトで OpenShift Container Platform で実行されます。OLM は CatalogSource を使用します。これは Operator Registry API を使用して利用可能な Operator やインストールされた Operator のアップグレードについてクエリーします。

  • OpenShift Container Platform のアップグレードの処理方法についての詳細は、Operator Lifecycle Manager のドキュメントを参照してください。

1.5.9.1. アプリケーション Pod の更新

Operator をインストールする際に Automatic Approval Strategy を選択した場合には、Operator はコントロールプレーンを自動的に更新しますが、アプリケーションを更新しません。既存のアプリケーションは、引き続きメッシュの一部になり、それに応じて機能します。アプリケーション管理者は、サイドカーコンテナーをアップグレードするためにアプリケーションを再起動する必要があります。

デプロイメントで自動のサイドカーコンテナー挿入を使用する場合、アノテーションを追加または変更してデプロイメントの Pod テンプレートを更新することができます。以下のコマンドを実行して Pod を再デプロイします。

$ oc patch deployment/<deployment> -p '{"spec":{"template":{"metadata":{"annotations":{"kubectl.kubernetes.io/restartedAt": "'`date -Iseconds`'"}}}}}'

デプロイメントで自動のサイドカーコンテナー挿入を使用しない場合、デプロイメントまたは Pod で指定されたサイドカーコンテナーイメージを変更してサイドカーコンテナーを手動で更新する必要があります。