1.3.2.8. Istio ゲートウェイのルート

Istio ゲートウェイの OpenShift ルートは、Red Hat OpenShift Service Mesh で自動的に管理されます。Istio ゲートウェイがサービスメッシュ内で作成され、更新され、削除されるたびに、OpenShift ルートが作成され、更新され、削除されます。

Istio OpenShift Routing (IOR) と呼ばれる Red Hat OpenShift Service Mesh コントロールプレーンコンポーネントは、ゲートウェイルートを同期させます。詳細は、「自動ルート作成」のセクションを参照してください。

1.3.2.8.1. catch-all ドメイン

catch-all ドメイン ("*") はサポートされません。ゲートウェイ定義で catch-all ドメインが見つかった場合、Red Hat OpenShift Service Mesh はルートを 作成します が、デフォルトのホスト名を作成するには OpenShift に依存します。つまり、新たに作成されたルートは、catch all ("*") ルート ではなく、代わりに <route-name>[-<project>].<suffix> 形式のホスト名を持ちます。デフォルトのホスト名の仕組みや、クラスター管理者がカスタマイズできる仕組みについての詳細は、OpenShift ドキュメントを参照してください。