1.5.6. Red Hat OpenShift Service Mesh コントロールプレーンのデプロイ

ServiceMeshControlPlane リソースは、インストール時に使用される設定を定義します。Red Hat が提供するデフォルト設定をデプロイするか、またはビジネスのニーズに合わせて ServiceMeshControlPlane ファイルをカスタマイズすることができます。

Web コンソールを使用するか、または oc クライアントツールを使用してコマンドラインからサービスメッシュコントロールプレーンをデプロイすることができます。

1.5.6.1. Web コンソールを使用したコントロールプレーンのデプロイ

以下の手順に従って、Web コンソールを使用して Red Hat OpenShift Service Mesh コントロールプレーンをデプロイします。

前提条件

  • Red Hat OpenShift Service Mesh Operator がインストールされている必要があります。
  • Red Hat OpenShift Service Mesh のインストールのカスタマイズ方法についての手順を確認します。
  • cluster-admin ロールを持つアカウントが必要です。

手順

  1. cluster-admin ロールを持つユーザーとして OpenShift Container Platform Web コンソールにログインします。
  2. istio-system という名前のプロジェクトを作成します。

    1. HomeProjects に移動します。
    2. Create Project をクリックします。
    3. Name フィールドに istio-system を入力します。
    4. Create をクリックします。
  3. OperatorsInstalled Operators に移動します。
  4. 必要な場合は、Project メニューから istio-system を選択します。Operator が新規プロジェクトにコピーされるまでに数分待機する必要がある場合があります。
  5. Red Hat OpenShift Service Mesh Operator をクリックします。Provided APIs の下に、Operator は 2 つのリソースタイプを作成するためのリンクを提供します。

    • ServiceMeshControlPlane リソース
    • ServiceMeshMemberRoll リソース
  6. Istio Service Mesh Control PlaneCreate ServiceMeshControlPlane をクリックします。
  7. Create Service Mesh Control Plane ページで、必要に応じてデフォルト ServiceMeshControlPlane テンプレートの YAML を変更します。

    注記

    コントロールプレーンのカスタマイズについての詳細は、Red Hat OpenShift Service Mesh インストールのカスタマイズについて参照してください。実稼働環境の場合は、デフォルトの Jaeger テンプレートを変更する 必要 があります。

  8. Create をクリックしてコントロールプレーンを作成します。Operator は、設定パラメーターに基づいて Pod、サービス、サービスメッシュコントロールプレーンのコンポーネントを作成します。
  9. Istio Service Mesh Control Plane タブをクリックします。
  10. 新規コントロールプレーンの名前をクリックします。
  11. Resources タブをクリックして、Red Hat OpenShift Service Mesh コントロールプレーンリソース (Operator が作成し、設定したもの) を表示します。