1.2. Red Hat OpenShift Service Mesh について

Red Hat OpenShift Service Mesh は、サービスメッシュにおいてネットワーク化されたマイクロサービス全体の動作に関する洞察と運用管理のためのプラットフォームを提供します。Red Hat OpenShift Service Mesh では、OpenShift Container Platform 環境でマイクロサービスの接続、保護、監視を行うことができます。

1.2.1. サービスメッシュについて

サービスメッシュは、分散したマイクロサービスアーキテクチャーの複数のアプリケーションを構成するマイクロサービスのネットワークであり、マイクロサービス間の対話を可能にします。サービスメッシュのサイズとおよび複雑性が増大すると、これを把握し、管理することがより困難になる可能性があります。

オープンソースの Istio プロジェクトをベースとする Red Hat OpenShift Service Mesh は、サービスコードに変更を加えずに、既存の分散したアプリケーションに透過的な層を追加します。Red Hat OpenShift Service Mesh サポートは、特別なサイドカープロキシーをマイクロサービス間のネットワーク通信をすべてインターセプトするメッシュ内の関連サービスにデプロイすることで、サービスに追加できます。コントロールプレーンの機能を使用してサービスメッシュを設定し、管理します。

Red Hat OpenShift Service Mesh により、以下を提供するデプロイされたサービスのネットワークを簡単に作成できます。

  • 検出
  • 負荷分散
  • サービス間の認証
  • 障害回復
  • メトリクス
  • モニタリング

Red Hat OpenShift Service Mesh は、以下を含むより複雑な運用機能も提供します。

  • A/B テスト
  • カナリアリリース
  • レート制限
  • アクセス制御
  • エンドツーエンド認証