1.3.3. Kiali とサービスメッシュ

OpenShift Container Platform でのサービスメッシュを使用した Kiali のインストールは、複数の点でコミュニティーの Kiali インストールとは異なります。以下の変更点は、問題の解決、追加機能の提供、OpenShift Container Platform へのデプロイ時の差異の処理を実行するために必要になることがあります。

  • Kiali はデフォルトで有効になっています。
  • Ingress はデフォルトで有効になっています。
  • Kiali ConfigMap が更新されています。
  • Kiali の ClusterRole 設定が更新されています。
  • ユーザーは、ConfigMap または Kiali カスタムリソースファイルを手動で編集できません。そのような変更はサービスメッシュまたは Kiali Operator によって上書きされる可能性があるためです。Red Hat OpenShift Service Mesh で実行している Kiali の設定はすべて ServiceMeshControlPlane カスタムリソースファイルで行われ、設定オプションは制限されています。Operator ファイルの更新は、cluster-admin 権限を持つユーザーに制限する必要があります。