1.6.4. Kiali の設定

Service Mesh Operator は ServiceMeshControlPlane を作成する際に、Kiali リソースも処理します。次に Kiali Operator は Kiali インスタンスの作成時にこのオブジェクトを使用します。

ServiceMeshControlPlane で指定されるデフォルトの Kiali パラメーターは以下のとおりです。

Kiali パラメーターの例

apiVersion: maistra.io/v1
kind: ServiceMeshControlPlane
spec:
    kiali:
      enabled: true
      dashboard:
        viewOnlyMode: false
      ingress:
        enabled: true

表1.9 Kiali パラメーター

パラメーター説明デフォルト値
enabled

このパラメーターは、Kiali を有効/無効にします。Kiali はデフォルトで有効です。

true/false

true

dashboard
   viewOnlyMode

このパラメーターは、Kiali コンソールの表示専用 (view-only) モードを有効/無効にします。表示専用モードを有効にすると、ユーザーはコンソールを使用してサービスメッシュを変更できなくなります。

true/false

false

ingress
   enabled

このパラメーターは、Kiali の Ingress を有効/無効にします。

true/false

true

1.6.4.1. Grafana の Kiali の設定

Kiali および Grafana を Red Hat OpenShift Service Mesh の一部としてインストールする場合、Operator はデフォルトで以下を設定します。

  • Grafana を Kiali の外部サービスとして有効化
  • Kiali コンソールの Grafana 認証
  • Kiali コンソールの Grafana URL

Kiali は Grafana URL を自動的に検出できます。ただし、Kiali で簡単に自動検出できないカスタムの Grafana インストールがある場合、ServiceMeshControlPlane リソースの URL の値を更新する必要があります。

追加の Grafana パラメーター

spec:
  kiali:
    enabled: true
    dashboard:
      viewOnlyMode: false
      grafanaURL:  "https://grafana-istio-system.127.0.0.1.nip.io"
    ingress:
      enabled: true