1.6.5.2. Elasticsearch インデックスクリーナージョブの設定

Service Mesh Operator は ServiceMeshControlPlane を作成した際に Jaeger のカスタムリソース (CR) も作成します。Jaeger Operator は Jaeger インスタンスの作成時にこの CR を使用します。

Elasticsearch ストレージを使用する場合、デフォルトでジョブが作成され、古いトレースをストレージからクリーンアップします。このジョブのオプションを設定するには、Jaeger カスタムリソース (CR) を編集して、ユースケースに合わせてカスタマイズします。関連するオプションを以下に示します。

  apiVersion: jaegertracing.io/v1
  kind: Jaeger
  spec:
    strategy: production
    storage:
      type: elasticsearch
      esIndexCleaner:
        enabled: false
        numberOfDays: 7
        schedule: "55 23 * * *"

表1.12 Elasticsearch インデックスクリーナーパラメーター

パラメーター説明

enabled

true/ false

インデックスクリーナージョブを有効または無効にします。

numberOfDays

整数値

インデックスの削除を待機する日数。

schedule

"55 23 * * *"

実行するジョブの cron 式

Elasticsearch を OpenShift Container Platform で設定する方法については、ログストアの設定について参照してください。