1.5. Red Hat OpenShift Service Mesh のインストール

サービスメッシュのインストールには、Elasticsearch、Jaeger、Kiali、Service Mesh Operator のインストール、コントロールプレーンをデプロイするための ServiceMeshControlPlane リソースの作成および管理、サービスメッシュに関連する namespace を指定するための ServiceMeshMemberRoll リソースの作成が含まれます。

注記

Mixer のポリシーの適用はデフォルトで無効にされています。ポリシータスクを実行するには、これを有効にする必要があります。Mixer ポリシーの適用を有効にする方法については、「Mixer ポリシーの適用の更新」を参照してください。

注記

マルチテナントコントロールプレーンのインストールは、Red Hat OpenShift Service Mesh 1.0 以降のデフォルト設定です。

注記

サービスメッシュに関するドキュメントは istio-system をサンプルプロジェクトとして使用しますが、サービスメッシュを任意のプロジェクトにデプロイできます。

1.5.1. 前提条件

サービスメッシュのインストールプロセスでは、OperatorHub を使用して openshift-operators プロジェクト内に ServiceMeshControlPlane カスタムリソース定義をインストールします。Red Hat OpenShift Service Mesh は、コントロールプレーンのデプロイメント、更新、および削除に関連する ServiceMeshControlPlane を定義し、監視します。

Red Hat OpenShift Service Mesh 1.1.16 以降では、Red Hat OpenShift Service Mesh Operator がコントロールプレーンをインストールするには、Elasticsearch Operator、Jaeger Operator、および Kiali Operator をインストールをする必要があります。