Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

第6章 システムセキュリティーの設定

コンピューターセキュリティーとは、盗難、損傷、破壊、および誤りからコンピューターシステムやハードウェア、ソフトウェア、情報、およびサービスを保護することです。機密データを処理してビジネス取引を扱う企業では特に、コンピューターセキュリティーの確保は必須タスクです。

本セクションでは、オペレーティングシステムのインストール後に設定できる基本的なセキュリティー機能のみを説明します。

6.1. ファイアウォールサービスの有効化

ファイアウォールは、既定のセキュリティールールに基づいてネットワークトラフィックの送受信の監視および制御を行うネットワークセキュリティーシステムです。ファイアウォールは、通常、信頼できる安全な内部ネットワークと、その他の外部ネットワークとの間に壁を作ります。

Red Hat Enterprise Linux でファイアウォールを提供する firewalld サービスは、インストール時に自動的に有効になります。

firewalld サービスを有効にするには、以下の手順に従います。

手順

  • firewalld の現在の状況の表示

    $ systemctl status firewalld
    ● firewalld.service - firewalld - dynamic firewall daemon
       Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/firewalld.service; disabled; vendor preset: enabled)
       Active: inactive (dead)
    ...
  • firewalld が有効になっていない場合は、root ユーザーに切り替えて、firewalld サービスを起動し、システムの再起動後に自動的に起動できるようにします。

    # systemctl enable --now firewalld

検証手順

  • firewalld が実行中で、有効になっていることを確認します。

    $ systemctl status firewalld
    ● firewalld.service - firewalld - dynamic firewall daemon
       Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/firewalld.service; enabled; vendor preset: enabled)
       Active: active (running)
    ...

関連情報