Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

6.3. 基本的な selinux 設定の管理

Security Enhanced Linux (SELinux) は、どのプロセスがどのファイル、ディレクトリー、およびポートにアクセスできるのかを指定するシステムセキュリティーの追加レイヤーです。これらのパーミッションは、SELinux ポリシーで定義します。ポリシーは、SELinux セキュリティーエンジンをガイドする一連のルールです。

SELinux のステータスには、以下の 2 つがあります。

  • 無効
  • 有効

SELinux が有効な場合は、以下のいずれのモードで実行できます。

  • 有効

    • Enforcing
    • Permissive

Enforcing モード では、SELinux は読み込まれたポリシーを強制的に実行します。SELinux は、SELinux ポリシールールに基づいてアクセスを拒否し、明示的に許可された対話だけを有効にします。Enforcing モードは最も安全な SELinux モードであり、インストール後のデフォルトモードです。

Permissive モード では、SELinux は読み込まれたポリシーを強制に実行しません。SELinux はアクセスを拒否しませんが、ルールに違反するアクションを /var/log/audit/audit.log ログで報告します。Permissive モードは、インストール時のデフォルトのモードです。Permissive モードは、問題のトラブルシューティングなど、特定のケースで役に立ちます。

関連情報