Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

第8章 後で分析するためにクラッシュしたカーネルのダンプ

kdump サービスを使用して後で分析できるようにシステムのメモリー内容を保存することで、システムがクラッシュした理由を分析できます。本セクションでは、kdump の概要と、RHEL Web コンソールまたは対応する RHEL システムロールを使用して kdump を設定する方法を説明します。

8.1. kdump とは

kdump は、クラッシュダンプメカニズムを提供するサービスです。サービスを使用すると、システムのメモリー内容を保存し、後で分析することができます。kdumpkexec システムコールを使用して再起動せずに 2 番目のカーネル (キャプチャーカーネル)で起動し、2 番目のカーネルメモリーの内容 (crash dump または vmcore) をキャプチャーして保存します。この第 2 のカーネルは、システムメモリーの予約部分に収納されています。

重要

カーネルクラッシュダンプは、システム障害 (重大なバグ) 時に利用できる唯一の情報になります。したがって、ミッションクリティカルな環境では、kdump を確実に稼働させることが重要です。Red Hat は、システム管理者が通常のカーネル更新サイクルで kexec-tools を定期的に更新してテストすることをお勧めします。これは、新しいカーネル機能が実装されている場合に特に重要です。