Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

14.2. systemctl によるシステムサービス管理

システム管理者は、systemctl ユーティリティーを使用してシステムサービスを管理できます。実行中のサービスの起動、停止、再起動、ブート時に起動するサービスの有効化と無効化、利用可能なサービスのリスト表示、システムサービスのステータスの表示など、さまざまなタスクを実行できます。

14.2.1. システムサービスのリスト表示

現在ロードされているすべてのサービスユニットをリストし、使用可能なすべてのサービスユニットのステータスを表示できます。

手順

systemctl コマンドを使用して、次のタスクのいずれかを実行します。

  • 現在ロードされているすべてのサービスユニットをリストします。

    $ systemctl list-units --type service
    UNIT                     LOAD   ACTIVE SUB     DESCRIPTION
    abrt-ccpp.service        loaded active exited  Install ABRT coredump hook
    abrt-oops.service        loaded active running ABRT kernel log watcher
    abrtd.service            loaded active running ABRT Automated Bug Reporting Tool
    ...
    systemd-vconsole-setup.service loaded active exited  Setup Virtual Console
    tog-pegasus.service            loaded active running OpenPegasus CIM Server
    
    LOAD   = Reflects whether the unit definition was properly loaded.
    ACTIVE = The high-level unit activation state, or a generalization of SUB.
    SUB    = The low-level unit activation state, values depend on unit type.
    
    46 loaded units listed. Pass --all to see loaded but inactive units, too.
    To show all installed unit files use 'systemctl list-unit-files'

    デフォルトでは、systemctl list-units コマンドは、アクティブなユニットのみを表示します。このコマンドは、サービスユニットファイルごとに、次のパラメーターの概要を提供します。

    UNIT
    サービスユニットのフルネーム
    LOAD
    設定ファイルのロード状態
    ACTIVE または SUB
    現在の高レベルおよび低レベルのユニットファイルのアクティベーション状態
    DESCRIPTION
    ユニットの目的と機能の簡単な説明
  • --all または -a コマンドラインオプションを指定して次のコマンドを使用し、ロードされたすべてのユニットを状態に関係なく をリスト表示します。

    $ systemctl list-units --type service --all
  • 利用可能なすべてのサービスユニットのステータス (enabled または disabled) をリスト表示します。

    $ systemctl list-unit-files --type service
    UNIT FILE                               STATE
    abrt-ccpp.service                       enabled
    abrt-oops.service                       enabled
    abrtd.service                           enabled
    ...
    wpa_supplicant.service                  disabled
    ypbind.service                          disabled
    
    208 unit files listed.

    このコマンドでは、サービスユニットごとに以下を表示します。

    UNIT FILE
    サービスユニットのフルネーム
    STATE
    サービスユニットがブート時に自動的に起動するかどうかの情報

14.2.2. システムサービスステータスの表示

サービスユニットを検査して詳細情報を取得し、サービスの状態 (ブート時の起動が有効かどうか、現在実行中かどうか) を確認できます。特定のサービスユニットの前または後に起動するように指定されたサービスを表示することもできます。

手順

systemctl コマンドを使用して、次のタスクのいずれかを実行します。

  • システムサービスに対応するサービスユニットに関する詳細情報を表示します。

    $ systemctl status <name>.service

    <name> は、確認するサービスユニットの名前 (gdm など) に置き換えます。

    このコマンドでは、以下の情報が表示されます。

    • 選択したサービスユニットの名前とその後に続く簡単な説明
    • 利用可能なサービスユニットの情報 で説明されている 1 つ以上のフィールド
    • サービスユニットの実行: ユニットが root ユーザーによって実行される場合
    • 最新のログエントリー

      表14.2 利用可能なサービスユニットの情報

      フィールド説明

      Loaded

      サービスユニットがロードされているかどうかの説明、ユニットファイルへの絶対パス、およびブート時のユニット起動が有効かどうかの注記。

      Active

      サービスユニットが実行中かどうかの説明と、タイムスタンプ

      Main PID

      プロセス ID と、対応するシステムサービスの名前。

      ステータス

      対応するシステムサービスに関する追加情報

      Process

      関連プロセスに関する追加情報

      CGroup

      関連するコントロールグループ (cgroups) に関する追加情報。

    例14.1 サービスステータスの表示

    GNOME Display Manager のサービスユニット名は gdm.service になります。このサービスユニットの現在のステータスを確認するには、シェルプロンプトで次のコマンドを実行します。

    # systemctl status gdm.service
    gdm.service - GNOME Display Manager
       Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/gdm.service; enabled)
       Active: active (running) since Thu 2013-10-17 17:31:23 CEST; 5min ago
     Main PID: 1029 (gdm)
       CGroup: /system.slice/gdm.service
               ├─1029 /usr/sbin/gdm
               └─1047 /usr/bin/Xorg :0 -background none -verbose -auth /r...
    
    Oct 17 17:31:23 localhost systemd[1]: Started GNOME Display Manager.
  • 特定のサービスユニットが実行中であることを確認します。

    $ systemctl is-active <name>.service
  • 特定のサービスユニットのブート時起動が有効かどうかを確認します。

    $ systemctl is-enabled <name>.service
    注記

    systemctl is-active および systemctl is-enabled コマンドは、指定したサービスユニットが実行中または有効な場合に、終了ステータス 0 を返します。

  • 指定したサービスユニットの前に systemd がどのサービスの起動を指示するかを確認します。

    # systemctl list-dependencies --after <name>.service

    たとえば、gdm の前に起動するサービスのリストを表示するには、次のように入力します。

    # systemctl list-dependencies --after gdm.service
    gdm.service
    ├─dbus.socket
    ├─getty@tty1.service
    ├─livesys.service
    ├─plymouth-quit.service
    ├─system.slice
    ├─systemd-journald.socket
    ├─systemd-user-sessions.service
    └─basic.target
    [output truncated]
  • 指定したサービスユニットの後に systemd がどのサービスの起動を指示するかを確認します。

    # systemctl list-dependencies --before <name>.service

    たとえば、gdm の後に起動するように systemd が指示するサービスのリストを表示するには、次のように入力します。

    # systemctl list-dependencies --before gdm.service
    gdm.service
    ├─dracut-shutdown.service
    ├─graphical.target
    │ ├─systemd-readahead-done.service
    │ ├─systemd-readahead-done.timer
    │ └─systemd-update-utmp-runlevel.service
    └─shutdown.target
      ├─systemd-reboot.service
      └─final.target
        └─systemd-reboot.service

14.2.3. システムサービスの起動

start コマンドを使用すると、現在のセッションでシステムサービスを起動できます。

前提条件

  • Root アクセス

手順

  • 現在のセッションでシステムサービスを起動します。

    # systemctl start <name>.service

    <name> は、起動するサービスユニットの名前 (httpd.service など) に置き換えます。

    注記

    systemd には、サービス間で正と負の依存関係が存在します。特定のサービスを起動するとき、別のサービスを 1 つまたは複数開始 (正の依存関係)、あるいはサービスを 1 つまたは複数停止 (負の依存関係) することが必要となる場合があります。

    新しいサービスの起動を試みると、ユーザーに明示的な通知なしに、systemd がすべての依存関係を自動的に解決します。つまり、サービスを実行していて、負の依存関係にある別のサービスを起動しようとすると、最初のサービスが自動的に停止します。

    たとえば、postfix サービスを実行している時に sendmail サービスを起動すると、systemd は、自動的に postfix を停止します。この 2 つのサービスは競合するため、同じポートでは実行できません。

14.2.4. システムサービスの停止

現行セッションでシステムサービスを停止するには、stop コマンドを使用します。

前提条件

  • Root アクセス

手順

  • システムサービスを停止します。

    # systemctl stop <name>.service

    <name> は、停止するサービスユニットの名前 (bluetooth など) に置き換えます。

14.2.5. システムサービスの再起動

restart コマンドを使用して次のアクションを実行すると、現在のセッションでシステムサービスを再起動できます。

  • 現在のセッションで選択したサービスユニットを停止し、すぐに再起動する。
  • 対応するサービスがすでに実行中の場合にのみ、サービスユニットを再起動する。
  • システムサービスの実行を中断せずに、システムサービスの設定を再ロードする。

前提条件

  • Root アクセス

手順

  • システムサービスを再起動します。

    # systemctl restart <name>.service

    <name> は、再起動するサービスユニットの名前 (httpd など) に置き換えます。

    注記

    選択したサービスユニットが実行中でない場合には、このコマンドでこのサービスユニットが起動します。

  • オプション: 対応するサービスがすでに実行中の場合にのみ、サービスユニットを再起動します。

    # systemctl try-restart <name>.service
  • オプション: サービスの実行を中断せずに設定を再ロードします。

    # systemctl reload <name>.service
    注記

    システムサービスがこの機能をサポートしない場合は、このコマンドは無視されることに注意してください。このようなサービスを再起動するには、代わりに reload-or-restart コマンドおよび reload-or-try-restart コマンドを使用します。

関連情報

14.2.6. ブート時のシステムサービス起動の有効化

ブート時のサービスの自動起動を有効にすることができます。この変更は次回のリブート時に適用されます。

前提条件

  • Root アクセス
  • 有効にするサービスがマスクされていない。マスクされたサービスがある場合は、まずマスクを解除します。

    # systemctl unmask <name>.service

手順

  • システムの起動時にサービスが起動するようにします。

    # systemctl enable <name>.service

    <name> は、有効にするサービスユニット名 (httpd など) に置き換えます。

  • オプション: 1 つのコマンドでサービスを有効にして起動することもできます。

    # systemctl enable --now <name>.service

14.2.7. ブート時のシステムサービス起動の無効化

システムの起動時にサービスユニットが自動的に起動しないようにすることができます。サービスを無効にすると、ブート時に起動されませんが、手動で起動できます。手動で開始できないようにサービスをマスクすることもできます。マスキングは、サービスが再度マスク解除されるまでサービスが永続的に使用できなくなるようにするサービスを無効にする方法です。

前提条件

  • Root アクセス

手順

  • サービスがブート時に起動するのを無効にします。

    # systemctl disable <name>.service

    <name> は、無効にするサービスユニットの名前 (bluetooth など) に置き換えます。

  • オプション: サービスを永久に使用不可にする場合は、サービスをマスクします。

    # systemctl mask <name>.service

    このコマンドにより、/etc/systemd/system/name.service ファイルを、/dev/null へのシンボリックリンクに置き換え、実際のユニットファイルが systemd ファイルにアクセスできないようにします。