Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

3.5. RHEL システムロールを使用したネットワークの管理

network ロールを使用して、複数のターゲットマシンにネットワーク接続を構成できます。

network ロールでは、以下のタイプのインターフェースを構成できます。

  • イーサネット
  • ブリッジ
  • ボンディング
  • VLAN
  • MacVLAN
  • Infiniband

各ホストに必要なネットワーク接続は、network_connections 変数内にリストとして提供されます。

警告

network ロールは、network_connections 変数で指定されているとおりに、ターゲットシステムにあるすべての接続プロファイルを更新または作成します。したがって、そのオプションがそのシステムにのみ存在し、network_connections 変数にはない場合、network ロールは指定されたプロファイルからオプションを削除します。

以下の例は、必要なパラメーターを持つイーサネット接続が確実に設定されるように、network ロールを適用する方法を示しています。

必要なパラメーターでイーサネット接続を設定する network ロールを適用する Playbook の例

# SPDX-License-Identifier: BSD-3-Clause
---
- hosts: network-test
  vars:
    network_connections:

      # Create one ethernet profile and activate it.
      # The profile uses automatic IP addressing
      # and is tied to the interface by MAC address.
      - name: prod1
        state: up
        type: ethernet
        autoconnect: yes
        mac: "00:00:5e:00:53:00"
        mtu: 1450

  roles:
    - rhel-system-roles.network