Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

第2章 基本的な環境設定の変更

基本的な環境設定は、インストールプロセスの一部です。以下のセクションでは、後での変更する時に説明します。環境の基本設定には、以下が含まれます。

  • 日付と時刻
  • システムロケール
  • キーボードのレイアウト
  • 言語

2.1. 日付および時刻の設定

正確な時間を維持することは、さまざまな理由で重要です。Red Hat Enterprise Linux では、NTP プロトコルにより、時間管理が保証されます。これは、デーモンにより、ユーザー領域に実装されます。ユーザー領域のデーモンは、カーネルで実行しているシステムクロックを更新します。システムクロックは、さまざまなクロックソースを使用して時間を維持します。

Red Hat Enterprise Linux 8 は、chronyd デーモンを使用して NTP を実装します。chronydchrony パッケージから利用できます。詳細は「Chrony スイートを使用した NTP の設定」を参照してください。

2.1.1. システムの現在日時の表示

現在の日時を表示するには、以下のいずれかの手順を行います。

手順

  1. date コマンドを実行します。

    $ date
    Mon Mar 30 16:02:59 CEST 2020
  2. 詳細は、timedatectl コマンドを使用して確認します。

    $ timedatectl
    Local time: Mon 2020-03-30 16:04:42 CEST
    Universal time: Mon 2020-03-30 14:04:42 UTC
      RTC time: Mon 2020-03-30 14:04:41
     Time zone: Europe/Prague (CEST, +0200)
    System clock synchronized: yes
    NTP service: active
    RTC in local TZ: no

関連情報