Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

10.4. コマンドラインでのログの表示

Journal は、ログファイルの表示および管理に役立つ systemd のコンポーネントです。従来のロギングに関連する問題に対応し、残りのシステムと密接に統合され、ログファイルのさまざまなロギングテクノロジーおよびアクセス管理をサポートします。

journalctl コマンドを使用すると、以下のようにコマンドラインを使用してシステムジャーナルのメッセージを表示できます。

$ journalctl -b | grep kvm
May 15 11:31:41 localhost.localdomain kernel: kvm-clock: Using msrs 4b564d01 and 4b564d00
May 15 11:31:41 localhost.localdomain kernel: kvm-clock: cpu 0, msr 76401001, primary cpu clock
...

表10.1 システム情報の表示

コマンド説明

journalctl

収集されたジャーナルエントリーをすべて表示します。

journalctl FILEPATH

特定のファイルに関連するログを表示します。たとえば、journalctl /dev/sda コマンドは、/dev/sda ファイルシステムに関連するログを表示します。

journalctl -b

現在のブートのログを表示します。

journalctl -k -b -1

現在のブートのカーネルログを表示します。

表10.2 特定のサービスの情報の表示

コマンド説明

journalctl -b _SYSTEMD_UNIT=foo

ログをフィルターして、「foo」のsystemd サービスに一致するものを表示します。

journalctl -b _SYSTEMD_UNIT=foo _PID=number

一致を組み合わせます。たとえば、このコマンドは、foo と PID 番号 に一致する systemd-units のログを表示します。

journalctl -b _SYSTEMD_UNIT=foo _PID=number + _SYSTEMD_UNIT=foo1

区切り文字「+」は、論理 OR の 2 つの式を組み合わせます。たとえば、以下のコマンドは、foo サービスプロセスからのメッセージをすべて PID で表示し、(プロセスのいずれかの) foo1 サービスからのメッセージをすべて表示します。

journalctl -b _SYSTEMD_UNIT=foo _SYSTEMD_UNIT=foo1

このコマンドは、同じフィールドを参照し、いずれかの式に一致するエントリーをすべて表示します。このコマンドは、systemd-unit foo または systemd-unit foo1 に一致するログを表示します。

表10.3 特定のブートに関連するログの表示

コマンド説明

journalctl --list-boots

ブート番号、その ID、およびブートに関する最初のメッセージと最後のメッセージのタイムスタンプの表形式一覧が表示されます。以下のコマンドの ID を使用して詳細情報を表示できます。

journalctl --boot=ID _SYSTEMD_UNIT=foo

指定したブート ID に関する情報を表示します。