Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

第9章 システムの復旧および復元

Red Hat Enterprise Linux では、既存のバックアップを使用してシステムを復旧および復元するために、ReaR (Relax-and-Recover) ユーティリティーが同梱されています。

このユーティリティーは、障害復旧ソリューションとして、またシステム移行にも使用できます。

このユーティリティーを使用すると、以下のタスクを実行できます。

  • イメージを使用して、起動可能なイメージを作成し、既存のバックアップからシステムを復元する
  • オリジナルのストレージレイアウトを複製する
  • ユーザーおよびシステムファイルを復元する
  • システムを別のハードウェアに復元する

また、障害復旧の場合は、特定のバックアップソフトウェアを ReaR に統合することもできます。

ReaR 設定の概要手順は以下のとおりです。

  1. ReaR をインストールします。
  2. レスキューシステムを作成します。
  3. ReaR 設定ファイルを変更して、バックアップ手法の詳細を追加します。
  4. バックアップファイルを生成します。

9.1. ReaR の設定

以下の手順を使用して、Relax-and-Recover (ReaR) ユーティリティーを使用するパッケージのインストール、レスキューシステムの作成、バックアップの設定および生成を行います。

前提条件

  • バックアップ復元計画をもとに、必要な設定の準備が整いました。

    NETFS バックアップメソッド (ReaR に完全に統合され、組み込まれたメソッド) を使用できることに注意してください。

手順

  1. ReaR、genisomage のマスター前のプログラム、およびブートローダースイートが含まれる syslinux パッケージをインストールします。

    # yum install rear genisoimage syslinux
  2. レスキューシステムを作成します。

    # rear mkrescue
  3. 以下の例のように、任意のエディターで ReaR 設定ファイルを変更します。

    # vi /etc/rear/local.conf
  4. バックアップ設定の詳細を /etc/rear/local.conf に追加します。たとえば、NETFS バックアップメソッドの場合は、以下の行を追加します。

    BACKUP=NETFS
    BACKUP_URL=backup.location

    backup.location は、バックアップ先の URL に置き換えます。

  5. 新規バックアップの作成時に以前のバックアップアーカイブを維持するように RaaR 設定を行うには、以下の行を設定ファイルに追加します。

    NETFS_KEEP_OLD_BACKUP_COPY=y
  6. 増分バックアップ (実行するたびに変更されたファイルのみがバックアップされる) を設定する場合は、以下の行を追加します。

    BACKUP_TYPE=incremental
  7. 復元計画に従ってバックアップを作成します。