Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

12.9. ソフトウェアリポジトリーの管理

yum および関連ユーティリティーの設定情報は /etc/yum.conf ファイルに保存されます。このファイルには [repository] セクションが含まれており、リポジトリー固有のオプションを設定できます。

/etc/yum.repos.d/ ディレクトリーにある、新規または既存の .repo ファイルに個々のリポジトリーを定義することが推奨されます。

/etc/yum.conf ファイルの各 [repository] セクションで定義した値は、[main] セクションに設定した値をオーバーライドします。

次のセクションでは、以下を行う方法を説明します。

  • [repository] オプションを設定する
  • yum リポジトリーを追加する
  • yum リポジトリーを有効にする
  • yum リポジトリーを無効にする

12.9.1. Yum リポジトリーオプションの設定

/etc/yum.conf 設定ファイルには [repository] のセクションが含まれ、repository は一意のリポジトリー ID に置き換えます。[repository] セクションでは、各 yum リポジトリーを定義できます。

注記

競合を回避するために、カスタムリポジトリーには Red Hat リポジトリーで使用される名前を指定しないでください。

利用可能な [repository] オプションの完全なリストは、yum.conf(5) man ページの [repository] OPTIONS セクションを参照してください。