Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

第12章 ソフトウェアパッケージの管理

12.1. Red Hat Enterprise Linux 8 におけるソフトウェア管理ツール

RHEL 8 では、DNF テクノロジーをベースにする新しいバージョンの YUM ツール (YUM v4) によりソフトウェアインストールが有効になります。

注記

アップストリームのドキュメントでは、このテクノロジーを DNF と識別しているので、このツールはアップストリームの DNF と呼ばれます。これにより、RHEL 8 の新しい YUM ツールが返した出力の一部で、DNF と表示されます。

RHEL 8 で使用される YUM v4DNF に基づいていますが、RHEL 7 で使用される YUM v3 と互換性があります。ソフトウェアのインストールでは、yum コマンドとそのオプションのほとんどが、RHEL 7 で実行したように RHEL 8 で機能します。

選択した yum プラグインおよびユーティリティーは、新しい DNF バックエンドに移植されており、RHEL 7 と同じ名前でインストールできます。パッケージは互換性を持ったシンボリックリンクを提供するため、バイナリー、設定ファイル、ディレクトリーは通常の場所で確認できます。

YUM v3 が提供する以前の Python API は利用できなくなりました。YUM v4 (DNF Python API) が提供する安定し、完全に対応する新しい API に、使用しているプラグインおよびスクリプトを移行できます。詳細は、「DNF API Reference」を参照してください。